音楽

あいみょんライブ2023当選倍率がヤバい!狙い目会場や日程も!

あいみょんがホールツアー「AIMYON TOUR 2023(タイトル未定)」を2023年4月より開催されることを発表されました。

ファンにとってはライブ報告は嬉しい発表ですね。

しかしそこで気になるのは、当選倍率がどれくらいになるのか。ではないでしょうか?

また、狙い目の会場があればチェックし少しでも当選率をアップさせたいですよね!!

ツアー日程から狙い目の会場を考察していきたいと思います。

ということで今回は「あいみょんライブ2023当選倍率がヤバい!狙い目会場や日程も!」と題して紹介していきます。

この記事でわかること

  • あいみょんライブ2023・当選倍率
  • あいみょんライブ2023・狙い目会場

ライブ前は気分もノリノリに♪是非完全マスターで参戦しましょう!

\ あいみょんCDはこちら / 

では、早速本題にいきましょう。ご覧ください!

ライブ2023・当選倍率

あいみょんライブ2023の当選倍率ですが∇

1.5倍 ~ 2.5倍 

になると予想されます。

 

\倍率の計算式はこちら/

エントリー数 ÷ 収容人数 = 倍率

  • エントリー数 = チケット申込者数
  • チケット申込者数 = ファンクラブ人数の割合
  • 収容人数 = ライブ会場に収容できる人数

この計算式で出していきます!

日程

あいみょんライブ2023のツアーで公演する各会場の最大収容人数は以下の通りです。

日程 開催会場
2023年4月7日(金) 神奈川・よこすか芸術劇場
2023年4月12日(水) 長崎・長崎ブリックホール
2023年4月14日(金) 鹿児島・川商ホール 第1ホール
2023年4月18日(火) 沖縄・沖縄コンベンションセンター
2023年4月19日(水) 沖縄・沖縄コンベンションセンター
2023年4月26日(水) 香川・レクザムホール
2023年4月27日(木) 愛媛・愛媛県県民文化会館
2023年5月1日(月) 群馬・高崎芸術劇場 大劇場
2023年5月9日(火) 福井・フェニックス・プラザ
2023年5月11日(木) 富山・オーバード・ホール
2023年5月16日(火) 三重・三重県文化会館
2023年5月18日(木) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
2023年5月19日(金) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
2023年5月23日(火) 宮城・仙台サンプラザホール
2023年5月25日(木) 秋田・あきた芸術劇場ミルハス
2023年5月29日(月) 大阪・フェスティバルホール
2023年5月30日(火) 大阪・フェスティバルホール
2023年6月13日(火) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
2023年6月14日(水) 京都・ロールシアター京都 メインホール
2023年6月19日(月) 北海道・函館市民会館
2023年6月21日(水) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
2023年6月22日(木) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
2023年6月30日(金) 栃木・宇都宮市民文化会館
2023年7月4日(火) 広島・広島文化学園HBG
2023年7月5日(水) 広島・広島文化学園HBG
2023年7月7日(金) 岡山・倉敷市民会館
2023年7月12日(水) 福岡・福岡サンパレス
2023年7月13日(木) 福岡・福岡サンパレス
2023年7月19日(水) 東京・東京ガーデンシアター
2023年7月20日(木) 東京・東京ガーデンシアター
2023年7月23日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールA

全国ツアーは全31公演の予定です♪

収容人数

それぞれの会場で何人収容できるのかみていきましょう。

ライブ会場には入れる人数に制限があります。

ライブ2023の収容人数はこちら∇

開催会場 収容人数 公演数 キャパ(合計)
神奈川・よこすか芸術劇場 1,800人 1公演 1,800人
長崎・長崎ブリックホール 2,000人 1公演 2,000人
鹿児島・川商ホール 第1ホール 1,990人 1公演 1,990人
沖縄・沖縄コンベンションセンター 5,000人 2公演 10,000人
香川・レクザムホール 800人 1公演 800人
愛媛・愛媛県県民文化会館 1,250人 1公演 1,250人
群馬・高崎芸術劇場 大劇場 2,000人 1公演 2,000人
福井・フェニックス・プラザ 2,000人 1公演 2,000人
富山・オーバード・ホール 1,800人 1公演 1,800人
三重・三重県文化会館 1,900人 1公演 1,900人
愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール 3,000人 2公演 6,000人
宮城・仙台サンプラザホール 2,700人 1公演 2,700人
秋田・あきた芸術劇場ミルハス 2,000人 1公演 2,000人
大阪・フェスティバルホール 2,700人 2公演 5,400人
兵庫・神戸国際会館 こくさいホール 2,100人 1公演 2,100人
京都・ロールシアター京都 メインホール 2,000人 1公演 2,000人
北海道・函館市民会館 1,370人 1公演 1,370人
北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru 2,300人 2公演 4,600人
栃木・宇都宮市民文化会館 2,000人 1公演 2,000人
広島・広島文化学園HBG 2,000人 2公演 4,000人
岡山・倉敷市民会館 1,900人 1公演 1,900人
福岡・福岡サンパレス 2,300人 2公演 4,600人
東京・東京ガーデンシアター 8,000人 2公演 16,000人
東京・東京国際フォーラム ホールA 5,000人 1公演 5,000人
合計
85,210人

 

全日程の収容人数の合計は  85,210人 になります。

倍率

倍率の計算方法を説明します。

上記で計算した、ライブ全公演の収容人数は85,210人です。

2022年11月時点でのあいみょんファンクラブの会員数は約14万人といわれています。

11月3日に入会されたファンが、会員登録13万9000番台との情報アリ!!

全員が申し込むとは限りませんが、ファンクラブの5割~7割の会員が2枚づづ申し込むと仮定し計算していきたいと思います。

(今回全国ツアーになるので、比較的行きやすいい会場が多いと予想されます!)

 

計算式は(エントリー数 ×枚数 ÷ 収容人数 = 倍率)になります。

<申込5割・2枚申込の場合>

 70,000×2枚 ÷ 85,210人 = 1.64 約1.5倍

<申込7割・2枚申込の場合>

98,000人×2枚 ÷ 85,210人 = 2.3 約2.5倍

倍率を計算しましたが約1.5倍~2.5倍となりました。

 

感染対策により入場制限がある場合も想定されますが、入場制限をかけられた場合は、さらに倍率が高くなることが予想されます。

この倍率はツアー全体の倍率であるので、実際の開催日や人気会場によって異なります。


ライブ2023・狙い目会場

ファンは、このライブツアー絶対参加したいですよね!!

狙い目の会場日程はいつなのか気になります。

 

\ 狙い目の会場や日程はこちら 

4月18日(火)沖縄公演

4月19日(水)沖縄公演

この沖縄公演・2公演が狙い目会場と予想します。

 

まずは当選確率をアップさせる方法を見てみましょう!

<当選確率を上げるための方法>

  • 土日・祝日、初日やファイナル、誕生日などは、倍率が高くなる傾向です.
  • それらを除いた平日、または地方の会場がチケット当選確率はアップします.
  • 人気アーティストの為、先行販売でも落選することがあります.
  • 当選確率をあげるなら、ファンクラブに入会して先行予約は必須です.

 

あいみょんライブ2023・狙い目会場はこちら

狙い目の会場や日程

  • 4月18日(火)沖縄公演
  • 4月19日(水)沖縄公演

平日に開催されること、会場の収容人数から狙い目の日程となりました。

主要都市での公演は収容人数が多いものの、かなりの激戦となるでしょう。

中でも

  • 兵庫公演
  • 神奈川公演

この2つのライブは、会場の収容人数がかなり少ないです。

他の会場に参加できそうな人は是非別の会場で狙ってみて下さい!

※人気のライブになりますので、ファンクラブに加入していても必ずチケットが確保できるかわかりません。ご注意下さい!

まとめ

今回は「あいみょんライブ2023当選倍率がヤバい!狙い目会場や日程も!」と題して紹介しました。

開催されることを発表されました。

当選倍率ですが1.5倍~2.5倍と予想します。

ライブの会場が収容人数や公演数も多いことから少し当選しやすくなっているように感じます。

また狙い目の会場ですが

  • 沖縄公演

と予想します。参加できそうな人は是非狙ってみて下さい!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!