滋賀・琵琶湖をドライブ!子供と楽しむオススメスポット5選!

観光

琵琶湖をぐるっと一周している湖岸道路。

晴れた日に湖岸道路をドライブするのはとても気持ちいいです。

 

気になっていた場所に立ち寄ったり、湖岸の公園でひとやすみしてみたり。

目的地にむかって行くのもいいですが、ドライブするのもオススメです。

子供と一緒だと、車に乗っているだけでは退屈してしまいます。

 

そこで、ドライブ時に立ち寄れるオススメスポットを紹介します。

どの場所も琵琶湖周辺にあるので、車移動に飽きてきた時にピッタリです!

参考にしてみて下さい。

 

今回は彦根スタートで琵琶湖を左周りするコースを紹介します。

 

野菜・果物の買える道の駅!

 

まずはスタート地点の彦根。

湖岸道路を走っていると、たくさんの道の駅に遭遇します

彦根市にもたくさんの道の駅が存在するのです。

 

近くの農家さんが栽培した、とれたての野菜や果物がずらりと並んでおり、どれも新鮮なものばかり。

 

人気商品は果物!

旬な果物は、とれたての新鮮なものばかり並んでいます。

 

 

特に人気なのが、彦根市で販売されている彦根特産品の「彦根梨」

この梨は、樹になっている状態で十分完熟させてから収穫され、糖度と熟度を測った後に出荷されます。

 

梨は、甘味がつよくとてもみずみずしい品種です。

 

私も、大好きで何度も購入しています。

是非みなさんも食べてほしいです。

 

彦根のいくつかある道の駅で、販売されていますが、梨を購入するために朝から並んでおられます。

購入を希望されるなら、開店1時間前には並ぶのは必須です。

 

売り切れている場合は、大きな紙で「彦根梨完売!」と張り紙がされます。

ぱっと見てわかる分、買いに来ておらず、近くを通っただけで、もう完売なんだ!見てしまいます。

 

道の駅で購入できなかった場合、近くのスーパーにも立ち寄ってみてください。

たまに入荷され、販売してある時もあるのです。

入荷されるのは決まっていないらしく、偶然出会えたらラッキーくらいの確立ですが、置いてあることもあるので、是非立ち寄ってくださいね!

 

 

その他にも、その地の特産品から、スーパーで見慣れた野菜まで、いろいろなものがあいてあります。

滋賀の特産野菜も、手に取ってみてください。

美しい水と土地のおかげか野菜が全般的においしいです!

 

その地ならではの野菜もおいてあり、それも楽しみの一つです!

これ、どうやって調理するの?と思った時は、レジにいるおばちゃん達に聞いてみて下さい。

美味しいレシピを教えてもらえます!

 

私はいつも聞くようにしていて、新しいレシピを開拓してます。

年配の方だと、自分の知っている定番のレシピとは違うレシピを知っておられることも多く、勉強になります!

自分が好きな調理法を発見できるチャンスかもしれません。

 

買い物に付き合うだけでは、子供は退屈ですが、道の駅の周りには散歩できるところが多くあります。

動物がいたり、公園になっていたり施設によって違いますが、店内に入らなくても待っているスペースがあるんです。

テイクアウトできるスイーツやホットフードを販売されている所も多く見られます。

 

大人が2人いるなら、順番に店内を見て回るのがオススメですね。

そうすると、ゆっくり買い物ができます!

我が家はいつも、順番にお買物が定番です。

 

休憩できる緑地公園

 

琵琶湖周辺は、緑地化されているところがいくつもあります。

どこも無料の駐車場が設置されているので、立ち寄りやすくなっています。

 

 

コンビニやスーパーで購入したり、簡単なおにぎりでも外で食べるだけで、子供達は楽しんでくれます。

 

「新海浜水泳場」

 

ここは、芝生スペースや遊具があります。

そして、無料の駐車場や、お手洗いまで完備してあります。

 

芝生スペースでのんびりご飯を食べ、子供達は遊具で遊ぶことができるのです。

芝生スペースはとても広く、野球やサッカー・バドミントンなどでも思い切り遊べます。

 

ベンチもありますが、レジャーシートやワンタッチ式のテントがあるとさらに便利です!

休日は訪れる人も多いので、ベンチはすぐに埋まってしまいます。

 

 

我が家は、よくこの新海浜海水場に訪れます。

景色がよく気持ちいい、そして子供と思い切り遊べるからです。

お昼ごはんを持って行ったり色々ですが、サッカーや鬼ごっこをして遊びます。

 

遊び疲れて、休憩にのんびりと一休み。

ぽかぽか暖かい日は、そよ風が気持ちよくてうたた寝してしまうことも…。

 

大人は休憩していても、子供達は元気いっぱいなので、走ったり遊具で遊んだりと、気ままに過ごすことができるんです。

夏になると泳いだり水遊びもできます。

 

 

また、この場所で読書する人も見かけます。

私はまだ子供と一緒の日々のためできまをせんが、こんな空間の中で、ゆっくりと読書したり、ちょっとランニングしてみたり…自由きままな休日を過ごすことは最高の休日になること間違いなし!

 

 

 

パラパラと雨が降り出すと、気分は下がり気味になりますよね。

そんな時、真っ先に太陽の位置確認をしてみてください。

 

光の差す方角を見ていると、虹がでていることが多いです。

見逃すなんてもったいないです!

琵琶湖周辺で虹がでることは、偶然ではなく必然なんです。

 

琵琶湖があるおかげで、その周辺は虹が多く発生します

滋賀県の観光情報を発信する「びわこビジターズビューロー」では、「虹予報」を伝えています。

当日と翌日の虹が見られる期待度を8段階で知らせてくれるんです。

 

 

滋賀県に来た際には、是非チェックしてみてください!

琵琶湖の景色に飽きてきたころ、ぱっと虹がでると、子供も嬉しいですよね。

 

一つの虹だけでなく、二つの虹と重なって見えることも多いのでカメラのスタンバイを。

素敵な写真を撮ることができます!

 

虹はすぐに消えるものではないので、焦らずに駐車スペースを見つけ、ベストショットを撮ってみて下さい!

 

大きな児童館へ行こう

 

彦根から車を走らせ約1時間…。

 

車移動に疲れた子供にピッタリな場所!

琵琶湖こどもの国」滋賀県高島市にある大型の児童館です。

 

名前の通り、たくさんの遊具に、体験教室など楽しめるものがたくさんあります。

園内には大きな芝生スペースがあり、休日はたくさんの家族連れで賑わっています。

 

大きな遊具がいくつもあり、思いっきり遊べます。

 

おすすめなのが、1回200円で利用できる自転車

いろんなタイプの乗り物があり、2人乗り~6人乗りまであります。

 

園内にコースがあり、そこを一周できるのです。

園内はとても広く、一周すつのに20分程度はかかります。

一人で座れる子であったら乗れるので、未就学児でも一緒に乗れるのがいいですね!

 

この乗り物は自動で動くものではなく、車輪タイプのものなので、自分でこがないといけません。

子供の乗り場所は、ちゃんと一緒にこげるようになっています。

けっこうな距離になるので、子供を乗せてこぐのは大変でした(笑)

 

我が家は、子供がもう一回乗りたい!というので、2回乗りましたが、大人でも楽しめました。

2周すると子供も満足だったようです。

 

ぐるっと1周する間に、園内のいろんな場所を見るので、次はここに行きたい!と自分で園内マップを感じ取っていたのです。

 

 

期間限定の体験教室もあるので、タイミングがよければ是非参加してください。

体験教室の料金も数百円で参加しやすい金額です。

 

 

こどもの国の入場料金はなく、駐車料金のみ必要ですが、500円程度でした。

隣接している駐車場もとても広いので、便利です。

 

 

子供にとっては、とっても楽しい場所になるでしょう。

ドライブにちょっと飽きてきたころには最高の場所です!

 

ビックサイズのクレープ

 

遊び疲れたり、運転に疲れたり、ちょっと休憩したい時におススメなのが高島市、近江今津駅近くにある、「ビーバス年輪」さん。

 

ここで販売されているクレープがとっても大きくて美味しいんです!

顔くらいの大きさで、ボリュームもすごいんです!

 

甘いクリームのものから、お惣菜系のものまで様々です。

定番のバナナ生クリームは400円程度で、お値段もリーズナブルです。

 

種類は選べない位多く、迷った末、一番人気の商品にしました(笑)

人気商品ベスト5

おすすめ商品ベスト5

など、表示されているので、私のように迷ったときにはありがたいです!

 

 

本屋さんのなかの一角が店舗になってあり、ここかな?と戸惑いましたが、人気店なのでたくさんの人が並んでおられます。

 

たくさん並んでいたとしても、すぐできるのでそんなに時間はかからなかったです。

 

大きいクレープを贅沢に食べる事はほとんどないので、子供たちは大喜びでした!

 

家族で甘いものとお惣菜系と、2種類頼んでおくと味がごろっと変わりよかったです。

是非立ち寄て下さいね!

とってもおいしいです!

 

歌が流れるメロディーロード

 

ドライブの最後に、この場所を通って下さい。

琵琶湖の東西、大津市と守山市を結ぶ橋「琵琶湖大橋」。

 

この橋の一部区間を制限速度で走ると、突然歌の旋律が聞こえてきます。

歌は「琵琶湖周航の歌」という曲で、路面に溝の切込みをいれることによって、タイヤと地面との間に摩擦が生じ、メロディーがなる仕組みになっています。

 

メロディーを聴くためには、大津市から守山市方面に向かう右車線を走らないといけません。

法定速度60kで走行していると、サインが見え、そこを通り過ぎると音楽が流れます。

 

はじめて通過したときは「あれ?なんの音?」と不思議な感じがしました。

音楽が聞こえる道路があるなんて、知らなかったからです。

 

聞いてみよう!と思いながら道路を通過をすると、しっかり音楽を聞くことができます。

何度も通っていますが、メロディーが聞こえる道路はわくわくします!

聴きなれていても、そろそろ聞こえる!と意気込みながら通ってしまうのです。

 

子供達は、このメロディーロードを通った時「なんの音?」と驚く様子もなかったですが、メロディーが聞こえているんだよ!教えてあげると、驚き窓を開けて耳を傾けます。

 

最初は、遠くから聞こえてくると思っていたようで、まさか道路から聞こえるなんて思っていなかったのです。

「もう一回通って!」とお願いされ、しかたなく戻って再度通過。

しかしこの橋は、有料道路。

片道通過するのに120円、往復240円もかかってしまいました。

皆さんは通る際、子供さんにしっかりと伝えて下さいね。

我が家のように、戻ってまた通過する、繰り返すことにまりますよ!笑

 

実際にこの道路を通過して、体験してみてください。

このわくわく感きっと伝わるはずです!

 

まとめ

 

車でぐるっと一周するだけでも約4~5時間かかります。

 

お喋りを楽しみながらドライブする休日はどうでしょうか?

ドライブだけでは飽きてしまう子供達。

休憩がてら遊んだり、おいしいものを食べたりしながら、琵琶湖の旅を満喫してみて下さい。

今回は彦根出発で琵琶湖の上へと進む左周りのコースを紹介しました。

 

琵琶湖周辺のドライブだけでは退屈してしまうので、子供と一緒に楽しむためのオススメポイントを紹介しました。

参考にしてみてください。

 

そして来られる前に、自分の好きな野菜や果物が旬かどうかを、確認してみてくださいね。

素敵な買い物ができるかもしれません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました