オオカミシリーズ

彼とオオカミちゃんにいは騙されない10話あらすじやネタバレ!やっと伝わる思い


ABEMAで大人気の番組。

「彼とオオカミちゃんにいは騙されない10話あらすじやネタバレ!やっと伝わる思い」として紹介します。

思い続けつ気持ちが、やっと伝わった感動!

これがオオカミじゃなければ嬉しいのに…オオカミちゃんはだれなのか?

彼は誰なのか?

早速10話のあらすじネタバレにいきましょう(^^)/

(彼とオオカミちゃん)彼とオオカミは誰?あらすじやカップル予想まとめ!

過去のオオカミはABEMAで一気見できます。

オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMAプレミアム】

10話あらすじ

ここからはネタバレを含みます。一気に行きましょう!!

アトリエでの作業開始

ショーン・SASUKE

ショーン「月LINE行ったんだっけ?何したの?」

SASUKE「まあまあ、」

と作業を始める…

ショーン「おーい、おーーー始めるな始めるな」

SASUKE「これ楽しいわ」

ショーン「レオと話してるの?それとも話してない?」

SASUKE「話せてないな」

ショーン「絶対話した方がいいでしょ」

SASUKE「言ってもなんか、あれだな」

ショーン「違うんだ、雰囲気的に?」

SASUKE「うん。」

マイラ月LINE①

待ち合わせ場所に来たのはせいな

「お花見デート」

 

せいな「こんな咲いてたの?」

マイラ「うん。咲いてた。来た事ある?目黒川?私はじめて」

せいな「マジ?」

桜の写真を撮るマイラ

マイラ「すすめがピヨピヨしてる。スズメじゃない!」

せいな「ムクドリ。俺も撮ろ」

マイラ「ねぇ!アハハ…」

とカメラを向けられポーズを撮るマイラ

せいな「めっちゃ花びら落ちてるじゃん。鴨いるし、見てみ」

マイラ「ホントだ。鴨って何泳ぎするの?」

せいな「かも泳ぎ」

マイラ「アーアーアー」と鴨の鳴き声もマネをする

マイラ「カラスは アーホーアーホ」と今度はカラスのマネ

せいな「他の人おるから」

マイラ「めっちゃヒラヒラしてない?」

せいな「してる。」

マイラ「ちょっとヒラヒラ、キャッチしてよ」

せいな「あ、きた」

マイラ「わぁーおめでとう。やったー」

せいな「俺これで笛できるんだよね」

ピーっと音がでる

2ショットの写真を撮る2人、桜並木を散歩する

アトリエ作業②

「みなさんお疲れ様です」と浅葉さんの登場。

何か発表があるよう。

「本番当日の売り上げ目標、伝えにきました。売上目標は10万円。一般的なキッチンカーでは3万円が平均。10万円の売上を達成できるのはひと握り。ハードルは高いが頑張ってください」

10万という売上金額と聞いて不安そうなメンバー

「がんばろう」ともう一度作業を開始する

ユリホ・SASUKE

ユリホ「どう、ノルマ?」

SASUKE「とりあえず作業に集中したい。作業以外の事はしたくない。」

まゆの登場の仕方を想像する

ユリホ「みんな、ただいまーーー」とまゆのマネをする

SASUKE「そんな、軽かったらビックリしちゃう」

マイラ月LINEデート②

カフェで休憩する2人

せいな「なんで今日LINE使ってくれたの?」

マイラ「せいなに伝えたいことがあって。やっぱり、まだレオへの気持ちの整理がついてなくて、せいなに向き合おうと思ってるんだけど、レオとの関係がお互い話せてなくて…」

せいな「行動では俺の事すきなのかな?って思ったりしたけど、言葉では伝えてもらった事なかったじゃん。だからレオがまだいるのかなって」

マイラ「それが昨日レオと話したの。その時に、すごい今までのとっかかりがなくなった。友達として、お互い何かを乗り越えた感覚で話ができた。そこで、ちゃんと踏ん切りをつけられた。だから、せいなの事だけ見ようと思って。

それ以外にも、せいなが彼なのかもしれない…モヤモヤがあって。」

せいな「正直に話すけど、ずっと最初の一ヶ月、恋愛ができなくて。この番組もやめたくなった。自分の居場所がわかんなくなった。」

メンバーにずっと疑われてたせいな、そして報われない想い…

想う人がオオカミに疑われる…

せいな「心の底から、好きだなって思える人ができた。それがマイラで…」

マイラ「ちょっとまってね」

せいな「全然まつよ」

マイラ「せいなってとにかく優しい。せいなが居ないってなったらアトリエも行きたくなくなっちゃう。せいなが居るから行きたいって思えるし、なんか…」

照れるマイラに、詰め寄るせいな

「今はせいなの事が好きです」と耳元で囁いた。

マイラ「はーー。っていう気持は本物です」

せいなは照れて嬉しそう。

せいな「俺は仮に、マイラがオオカミだとしても、絶対気持ちはかわんない。心の底から好きだから。」

ゆうき・ゆな

ゆうきが月LINEの詳細を聞く

しかし、ゆなは何も話さない

ゆな「何を悩んでるの?」

ゆうき「ユリホは何も言葉に出てこない、行動もそうだし。欲しがってる自分がいる」

ゆな「本人に伝えたら?」

ゆうき「伝えてる。何に悩んでるんだろう。あんだけユリホだったのに。」

 

作業を進めるとユリホが登場

販売日当日の下見に行くのにゆうきを誘った

レオ・ユナヤ

ユナヤ「月LINE気になってるの?」

レオ「ゆかから、何も話せないって言われた。結論、何もしらない。聞かずでいいと思う?」

ユナヤ「そもそも。オオカミは秘密を抱えてるルール。ある程度、みんなが言えない事情はしょうがない。でもタイミングがあるから、聞かなきゃいけない時は聞いた方がいい。」

レオ「被害妄想だけど、まゆおらんなって、SASUKEがゆなに戻ったんかなって思ってる。時間が経つと、俺の勘違いかなとも思ってる。」

ゆな「あまりにも期待しちゃうと…。レオはレオのままでいいんだよ。」

ユリホ・ゆうき

キッチンカー販売当日の場所の確認

そして帰り道に今の気持ちを話した

ユリホ「まず今の優先順位は、まゆちゃんを復活させたい。フードトラック本番もうまくいくか心配。終わるまでは集中したい。

ちょっと待っててほしい。」

ゆうき「ユリホもリーダーで責任感じて、告白が近いから。でも決めようと思ってるのはその後、もちろん終わるまで待つ。

ユリホの中で最大限伝えようとしてくれるのはわかる」

ユリホ「今はまゆちゃんの事があるけど、全部終わったら、告白券が得られたら、残ってるカードがあるから」

ゆうき「使ってくれるの?」

ユリホ「ずっとそう思ってた。脱落の日もそう思ってた」

アトリエ作業③

最後にキッチンカーのペイント

まゆのバラの絵をSASUKEが完成させる。

まゆ用にバラの花一枚似らずに作業終了!!

月LINE

「ショーンです。月LINE使います。」

「ユナヤ、僕とお話しませんか?」

SASUKE・レオ

レオ「SASUKEに頼ろうと思って。

もしちょっとでも言えることがあったんだったら、俺のわがままです。」

SASUKE「うん、まあね、難しいな。」

レオ「月LINEの内容、俺には言いたくない?

言い方を変えよう。SASUKE、今ゆなに気がある?」

SASUKE「…。」

沈黙が続き

SASUKE「まあ、」

レオ「今ゆなのこと好き?」

SASUKE「すきよ」

ここで10話は終了

まとめ

「彼とオオカミちゃんにいは騙されない10話あらすじやネタバレ!やっと伝わる思い」として紹介しました。

オオカミちゃんはだれなのか?

彼は誰なのか?

メンバーの恋がやっと実って嬉しい2人、そしてすれ違う2人…

来週がまちどうしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!