KARIN塔
気になる出来事お伝えします!
トレンド

ふたご座流星群2021!大阪で見る方角や時間帯は?おすすめスポットも!

ふたご座流星群は年間三大流星群のひとつです。

このふたご座流星群は、12月が流星数のピークで、一晩に最も多く見られる流星群として注目を集めています。

 

冬は空気が澄んでいるので、星空をみるのにピッタリな季節です。

しかし、夜はぐっと気温も下がるので寒対策もしっかりと行ってくださいね。

 

「ふたご座流星群」の観察できる時間帯や方角、観察ポイントなど紹介していきます。

▼今回の紹介ポイント▼

ふたご座流星群の見られる時間帯は?

ふたご座流星群の見られる方角は?

ふたご座流星群を観察するためのオススメグッズは?

ふたご座流星群を見るオススメスポットは?

ふたご座流星群の見られる日時・時間帯は?

 

ふたご座流星群は観察できる日がこの日と決まっていません。

一週間ほどの期間中、夜空で観察できるのです。

 

12月14日日没後~15日明け方

13日日没後~14日明け方

この2日が多く観察できると予想されますが、10日頃からは見えるようになってくるそうです。

日時・日の出・日の入の時間帯を考慮してのオススメの時間帯を紹介します!

 

▼大阪府日の出、日の入情報▼

日の出 日の入
14日 6:57 16:49
15日 6:58 16:50

 

1番オススメは、12月15日午前3時~6時50分

流星は、明け方ほど多く見ます。

夜明け2時間前からスタートして明るくなるまで見ることが短時間で見れる方法かもしれません。

 

2番オススメは、12月14日午後16時40分~

月が出ているため、空が明るくなり流星群が少し見えにくくなります。

 

残念なことに、日本での極大(いちばん流れるピーク)が14日16時ですが、まだ明るい時間なので一番良いときには見ることができません。

しかし、観察できる日は一日ではないので、是非観察してください。

 

注意してほしいこととして、15日を過ぎると、急に見えなくなるそうです。

何度かトライされる方は前倒しで観察してくださいね!

ふたご座流星群の見られる方角は?

 

ふたご座流星群は、空全体で見えると予想されています

見える方角が定まっていないので、ごろんと寝転んでみることも可能です。

 

夜空に月がはっきりと出ている場合は、月を背面にし観察するといいでしょう。

 

1時間に30〜60個くらい見えだろうと予想されています

(あくまでも予想であり、天候も大きく影響します)

ふたご座流星群は、多い年なら100個前後出現するときもあるそうです。

ふたご座流星群を観察するためのオススメグッズは?

 

流星群を観察するには、長時間空を見上げなければなりません。

流星はどこかの場所でほんの少しの間で見えなくなってしまいます。

座ってみるよりも、寝転んで空全体が見えるというのがベストな観察方法なのです。

キャンプ場・海岸・高原が場所としては一番的していますが、公園でも十分に空を見わたせる場所もたくさんあります。

 

そこで、観察するためのあると便利なオススメグッズを紹介します。

シート(厚みのあるもの)

寝袋

寝袋だけではなく敷布団やブランケットとしても使用できるので便利です。

カイロ

カセットボンベ式のポータブルヒーター

電気や電池も不要なので、屋外で使用するにはピッタリです。

野外でも暖かさを感じることができます。

 

冬の観察にとても重宝するのが、テントグッズなんです。

持っている人は、是非持参してくださいね!

ふたご座流星群を見る大阪でのオススメスポットは?

 

  • 長居公園

大阪市東住吉区にある長居公園は、星空観測には定番スポットです。

都心部からのアクセスがよく、駅・駐車場もあるので人気な場所です。

歩道もしっかりと整備されているので、子供連れでも行きやすい場所です。

【住所】
大阪府大阪市東住吉区長居公園1−1
【アクセス】
電車・JR長居駅、JR鶴ヶ丘駅から徒歩約5分
車・[阪神高速14号松原線] 駒川→約10分(駐車場・長居公園地下駐車場)

 

  • 大阪城公園(大阪市)

市内からは行きやすいスポットです。公園には24時間入るので好きな時間に行くことができるのも人気の一つです。

園内には街灯がありますが、公園内は広いです。

空を見上げるのには良い場所です。

大阪城がライトアップされるのでライトを背にして観測されることをオススメします。

【住所】
大阪府大阪市中央区大阪城
【アクセス】
電車・[JR大阪駅]約9分→大阪城公園駅~天守閣約18分
車・(駐車場・大阪城公園駅前・森ノ宮駐車場)

 

  • 舞洲スポーツアイランド

シーサイドプロムナードは、海岸夜景が続く散歩道になっています。

星空観測時、流星群の時期は多くの人が訪れる人気のスポットです。

【住所】
大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目2−15
【アクセス】
電車・[JR環状線]西九条駅→[市営バス]81系統 舞洲スポーツアイランド行35分
車・駐車場あり
  • みさき公園

大阪府泉南郡岬町にある遊園地のみさき公園は、海辺あります。

近くに明かりも少なく、星空観測にピッタリの人気のスポットです。

冬場は海風が冷たいので、暖かい格好、いつもの服にプラス1枚は厚着がおすすめです。

【住所】
大阪府泉南郡岬町淡輪3990
【アクセス】
電車・[南海線]みさき公園駅すぐ
車・駐車場あり
  • ちはや園地

金剛山にある標高1,000mにあるちはや園地。

ロープウェイで登ることができ、満点の星空の下で天体観測できる穴場のスポットです。

現在ロープウェイは運休されているので、登山することになります。

頂上までは約70分程度で登ることができますので、体力に自信のあるひとにはオススメです。

しかし、夜間は暗くなりますので、足元には気を付け、ライトを持参してください。

【住所】
大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早1313
【アクセス】
電車・[近鉄長野線]富田林駅→[金剛バス]千早ロープウェイ前下車
車・(駐車場・金剛登山道駐車場)

まとめ

 

流星はどの時間に、どの場所でと予測するのが不可能です。

こちらはあくまで予測になります。

とにかく長い時間見ることが大切だそうです。

 

自分にあった観察方法で、一番見れそうな時間帯に、星空を眺めて下さいね!

暖かい格好で、ゆっくりと楽しんで下さい。