夏イベント

ナガスパジャンボ海水プール持ち物はこれ!テントや持込みできる荷物は?

夏の人気レジャーといえばプール!!

ナガスパ(長島ジャンボ海水プール)は毎年人気のプールで、たくさんの人で賑わっています。

小さい子供さんがいる家族連れ、学生など、様々なグループで来園されることも多いですが、何を持っていったらいいのか迷ってしまいます。

そこで、プールに必要な持ち物を紹介します。

また、日差しがきつく付き添いの人や休憩時にでも快適に過ごせるよう、テントやクーラーボックスなど必須アイテムの荷物の持ち込みができるのか調査したいと思います。

今回は「ナガスパジャンボ海水プール持ち物はこれ!テントや持込みできる荷物は?」と題して紹介していきます。

この記事でわかること

  • ナガスパジャンボ海水プール・持ち物必須アイテム
  • ナガスパジャンボ海水プール・テントや荷物持込みできる物

では早速本題に行きましょう!ご覧ください!

ナガスパジャンボ海水プール・持ち物必須アイテム

ナガスパジャンボ海水プールで持っていったほうがいい持ち物リストを紹介します。

持ち物リスト

<必須アイテム>

  • 水着
  • タオル
  • 着替え
  • ビーチサンダル
  • レジャーシート
  • 現金

<あると便利アイテム>

  • 防水スマホケース
  • 浮き輪
  • ラッシュガード
  • 日焼け止め

持ち物を順番に紹介していきますね♪

水着

プールには水着は必須アイテムです!!

普段使用しているトレーニング用・学校用・レジャー用、様々な人が見かけられます。

ナガスパ・ジャンボ海水プールで着替えることもできますが、混雑時にはすぐに着替えをすませて、休憩場所の場所取りを優先することがオススメです!!

私服の下に水着を着こんでいくと、よりスムーズに着替えることができます。

タオル

タオルも必須アイテムですね!!

外気は暖かくても、水に浸かると体は冷えてしまいます。

そして、ナガスパは海水プールなので体がべたつきます…1枚だけではなく何枚か予備も持って行った方がいいでしょう。

 

最後に温水シャワーもあるので、海水を流すことができますが使っていたタオルだとスッキリしません。

少し荷物にはなりますが複数枚ある方がいいでしょう。

 

子供には巻きタイプのバスタオルがあれば便利です。


巻きタオルを使用すれば、タオルが床に落ちる心配もなし、そして着替えにも使いやすいです♪

着替え

プールから上がった後に着替える服は必要アイテムです。

行くときに着ていた服でもOKですが、濡れる場合もあります。

また、体が冷えるので、羽織物があるといいかもしれません。

ビーチサンダル

ナガスパのプール内は、素足かビーチサンダルでしか入場できません。(靴・サンダルでの入場はNGです)

そして、プールサイドの地面はとても熱く裸足では歩くのがきついです…。

小さい子供には、必ず持って行ったほうがいいでしょう!

レジャーシート

レジャーシートは必須アイテムです!!

というのも、ナガスパの休憩所はとても広いですが、休憩する場所の確保は必ずして下さいね!!

場所を取るためにもレジャーシートが必要になります。


グループ全員が休憩できる大きさのレジャーシートを持参してくださいね!

現金

ナガスパプール内での昼食や飲み物代です。

電子マネーが使えない所もあるので、現金は必ず必要ですね!!

 

熱中症予防のため、水筒・ペットボトルの持ち込みは可能でですが、食べ物の持ち込みは禁止なので、昼食代が必要になりますね。

※アレルギー食や離乳食の持ち込みは可能です。

防水スマホケース

防水スマホケースは便利なアイテムです!!

休憩所に荷物を置いておけますが、防犯上よくないですね。

また記念に写真を撮りたい時など、スマホがないととても不便です。

スマホを保護するためにも、防水スマホケースを持っていって下さい。

スマホケースの中に現金や貴重品を入れることもできるので、とても便利です!!


 

スマホケースに入ったままでも操作できるものもあります。

チェックして見て下さいね♪

浮き輪

浮き輪も必須アイテムです。

流れるプールや波の出るプールでは浮き輪があったほうが楽しめます。

もちろん浮き輪がなくても楽しめますが、子供がいる場合はマストアイテムでしょう。

160cm以上の浮き輪は持ち込めないので注意してください!

 

ナガスパには空気を入れるエアー空気入れがあるので簡単に膨らませることができます。

また、少し割高にはなりますがナガスパで購入することもできるので、万が一でも安心です。

ラッシュガード

ラッシュガードもあると便利です。

日焼け対策にもなりますが、ナガスパはスライダーなどアトラクションもあるので、ラッシュガードを着ることをオススメします。

スライダーの勢いで、水着が脱げてしまわないよう、怪我をしないようにと予防になりますね。

ラッシュガードは、着用したままでも水に入ることができるので、最適です!

長袖のラッシュガードは暑くないの?と思いがちですが、肌に直射日光があたるより暑くなく、不快感じることも少ないです!

子供や女性だけでなく、多くの男性も着用されています!


一枚あるととっても便利アイテムです!

日焼け止め

日焼け止めも持ち物リストに入れて下さいね!!

必ず必要ではありませんが、ナガスパは海水です。

普段より焼けやすくなるので、後から真っ赤に日焼けして大変になる前に、日焼け対策をオススメします。

日焼け止めと持っていく場合は、ウォータープルーフタイプの日焼け止めがマストです!

ゴーグル

子供はゴーグルがあったほうがいいですね。

小学生くらいの子供はゴーグルをつけている子が多いです。

何度も言いますが、ナガスパは海水なので目にしみます…。

顔をつけて泳いだり、スライダーをする際にはゴーグルがあったほうが楽しめるかもしれません。

水遊び用おむつ

水遊び用おむつは、おむつがまだ必要な子供には必須アイテムです。

水遊び用おむつを利用してください

公式サイトにも記載があります。


使い捨てもありますが、繰り返し使用できるパンツタイプも便利です。


 

おむつ機能付き水着も、便利で使いやすいですね!


 

使い捨ておむつは、現地でも購入することができます。

離乳食

離乳食が必要な子供には離乳食は必須アイテムです。

食べ物の持ちこみは禁止ですが、離乳食は例外です。

子供の成長にあわせて、傷みにくいものを持参してください!

ナガスパジャンボ海水プールはテントや荷物持込みできる?

ナガスパ・ジャンボ海水プールにテントの持ち込みはできるのでしょうか?

テント 持ち込みは禁止

他のプールでは持ち込み可能な場所が多いですが、ナガスパジャンボ海水プールには持ち込みすることができません。

 

持ち込みできる物は、プールに必要なもの(上記で紹介したものはOKです)

持ち込みできる物

  • ビーチサンダル
  • レジャーシート
  • 水筒
  • ペットボトルの飲み物
  • 離乳食

 

持ち込みできない物があるので紹介します。

持ち込み禁止のもの

  • 食べ物(離乳食、水筒、ペットボトル以外)
  • クーラーボックス
  • パラソル・サンシェード
  • テーブル・イス
  • ベビーカー
  • 自撮り棒
  • 水鉄砲
  • テント

ナガスパには持ち込み禁止のものが結構あるので注意して下さい!

ベビーカーの持ち込みもできませんが、ベビーカーは無料で預かりサービスがあるので、プール入口までは持っていくことができます。

 

またクーラーボックスは禁止ですが、保冷機能付きのバックなどを利用されている人を見かけます。

ペットボトルや離乳食など入れておくのには便利ですね!

\ナガスパ2022のスケジュールはこちらを参考にどうぞ/

ナガスパジャンボ海水プール2022いつからいつまで?混雑する日や混まない日も!

まとめ

今回は「ナガスパジャンボ海水プール持ち物はこれ!テントや荷物持込みできる物は?」と題して紹介しました。

ナガスパ(長島ジャンボ海水プール)は毎年人気のプールで、たくさんの人が来園されますが、何を持っていくのか迷う人も多いと思います。

必須アイテムから、あると便利なアイテムを紹介しました。

またナガスパにはテントや荷物で持ち込み禁止なものが結構あるので紹介しました。

ついつい忘れていることもあると思うので、参考にして下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!