スポーツ

大塚健(スノーボード)経歴がすごい!怪我からの復帰やプロフィールも!

北京オリンピックの出場され注目の選手。

スノーボード・スロープスタイルとビッグエア代表選手の大塚健選手です。

迫力のある滑りで魅了されます。

大塚健選手ですが、経歴やスノーボードを始めた幼少期がすごいんです!!

また、大怪我をされたことがあり復帰されてからも素晴らしい活躍でした。

プロフィールもきになりますね。

今回は「大塚健(スノーボード)経歴がすごい!怪我からの復帰やプロフィールも!」と題して大塚健選手を紹介していきます。

この記事でわかること

  • 大塚健は経歴がすごい
  • 大塚健の怪我について
  • 大塚健のプロフィール

では早速本題に行きましょう!ご覧ください。

北京オリンピック・スノーボード選手記事∇

飛田流輝の出身は埼玉県川口市?経歴やクラウドファンディングした過去も!

平野海祝は大学は日大!兄(歩夢)と同じ学校に進学し兄を超えると断言!

大塚健・経歴がすごい

大塚健選手、経歴がすごかったんです。

幼少期~小学生

雪国出身ではない大塚健選手。

どうやってスノーボーダーへの道に進むきっかけになったのか気になります。

大塚健選手の祖父はスキーヤーで幼い頃、祖父に連れられて、兄やいとことスキーを経験しました。

しかし、祖父の言うことを聞かず好き勝手に滑り置いていかれることもあったようです。

それを見かねた父がスノーボードに連れて行ってくれたそうで、小学1年生の7歳からスノーボードを始めます。

スノーボードの楽しさを知り、小学3年生でシーズン中には親元を離れ、新潟・石打丸山でスノーボードの練習をされました。

旅館にひとり宿泊し、朝から夕方までスクール。

ご飯を食べ、その後は営業終了までナイターでの練習です

小学3年生で… すごいです。

既に夢があり、ただひたすら練習をされていました。

小学5年生・初めての海外遠征ででニュージーランドへ。

そして同年、プロ資格取得をされます。

スノーボードのスポーツ界でも異例の早さであり、それほどセンスがあったのでしょう。

中学生~

中学生になると、スロープスタイルの練習をはじめます。

2015年4月・オーストリアで開催されたスノーボードの18歳以下の世界大会に出場

そこで、スロープスタイルで準優勝!!

元々はハーフパイプを専門にされていました。

しかしビッグエアとスロープスタイルを中心にスキルアップし、素晴らしい成績を残されるのです。

成績

2018年

  • 2018年3月・BURTON US オープン 男子スロープスタイル部門 < 8位>
  • 2018年4月・ワールドルーキーツアー 男子スロープスタイル ルーキー部門 <優勝
  • 2018年5月・X Games ノルウェイ 男子スノーボード ビッグエア部門 <優勝
  • 2018年9月・FIS ワールドカップ カードローナ大会 男子ビッグエア部門 <2位>
  • 2018年11月・FIS ワールドカップ モデナスキーパス大会 男子ビッグエア部門 <優勝
  • 2018年11月・FIS ワールドカップ 北京大会 男子ビッグエア部門 <2位>
  • 2018年12月・FIS ワールドカップ シークレットガーデン大会 男子スロープスタイル部門 <優勝
  • 2018年12月・DEW TOUR ブリッケンリッジ大会 男子スロープスタイル部門 <4位>

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takeru / 大塚健(@takeru_otsuka)がシェアした投稿

2018年X GAMES優勝の動画

2019年

  • 2019年1月・FIS ワールドカップ クライシュベルク大会 男子スロープスタイル部門   <4位>
  • 2019年1月・X Games アスペン 男子スノーボード ビッグエア部門 <優勝

2021年

  • 2021年1月・FIS ワールドカップ クライシュベルク大会 男子ビッグエア部門 <4位>
  • 2021年1月・X Games アスペン 男子スノーボード ビッグエア部門<5位>
  • 2021年4月・FIS ワールドカップ スティームボート大会 男子ビッグエア部門 <9位>

2022年

  • 2022年1月 FIS ワールドカップ カルガリー大会 男子スロープスタイル部門 <32位>
  • 2022年1月 FIS ワールドカップ マンモスマウンテン大会 男子スロープスタイル部門 <12位>

 

X GAMESとは選ばれた選手が参加できる世界最高峰のアクションスポーツの祭典のこと。

その大会で2度も優勝された大塚健選手は、凄い選手なんです。

2021年からは怪我の影響があってか、結果を見ると少し調子が悪いように感じます。

大塚健の怪我について

2019年に怪我をしてしまい、2020年は大会への出場がありませんでした。

この怪我はスノーボード作品の撮影中にジャンプに失敗したことが原因です。

「十字靭帯と半月板の怪我」この大怪我は、選手生命が経たれることになるかもしれないほどの大怪我でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takeru / 大塚健(@takeru_otsuka)がシェアした投稿

少し前に右膝の内側靭帯を損傷してしまいました。今年楽しみにしていた US Open に参加できなくなり、とても残念ですが今は治療に専念し、少しでも早く雪の上に戻れるように、そして前よりも強くなって戻れるように頑張ります。

こちらは本人インスタの文面です。

ファンはもちろんの事、関係者、両親はとても心配されたことでしょう。

競技からは長期離脱し見事復活されるドキュメンタリー動画がありました。

大塚健選手の真の強さが分かる動画ですね。

 

怪我の為、約1年半コンペから離れていたようです。

1年半という期間は、他の選手が追い付いてくる、そして技にしても日々変わっていくようで習得するのが大変なようです。

大塚健選手の事を「肉体もすごいがメンタルの強さが素晴らしい選手」と仲間が語られていました。

怪我をし、怖さを経験したからこそなりえるトップアスリートにと進化されたのでしょう。

大塚健のプロフィール

名前:大塚健(おおつかたける)

生年月日:2001年4月2日

身長:168㎝

出身:神奈川県厚木市

出身中学校:厚木市・小鮎中学校

出身高校:光明学園相模原高等学校

種目:スノーボード ビックエア・スロープスタイル

所属:バートン

スポンサー:バートン・ムラサキスポーツ・レッドブル

まとめ

北京オリンピックの出場しスノーボード・スロープスタイルとビッグエア代表選手の大塚健選手です。

なんといっても、迫力のある滑りで魅了されます。

大塚健選手の経歴やスノーボードを始めた幼少期がすごいかったです。

大怪我をされ一回りも二回りも成長された大塚健選手。

どんなスノーボードを披露されるのか、とても楽しみです。

活躍にも期待し応援したいと思います。

最後までお読み下さりありがとうございます。

error: Content is protected !!