滋賀の自然でリラックス!自然でのアクテビティおすすめ5選

観光

滋賀県は豊かな自然がたくさんあります。

ぱっと地図を見ると琵琶湖に目がいき「湖しかない」と、思われがちですが、琵琶湖の周りを山が囲んでおり、山の面積の面積のほうが大きいんです。

 

滋賀県には、キャンプやグランピングなどの施設がたくさんあります。

ゆたかな自然を生かしたアクティビティで自分流にリラックスしてみてはどうでしょうか?

 

実際に私が家族と行ってよかったオススメスポットを紹介します。

是非参考にして下さい。

自分スタイルを楽しめるキャンプ2選

 

キャンプ愛好家が多い程、キャンプは大人気。

滋賀県北部で子供と一緒に楽しめるキャンプ場が多数ありますが、今回は特によかった場所を紹介します。

 

  • 姉川パークキャンプ場

ファミリーキャンプするにはこのキャンプ場はとてもオススメです。

アットホームな感じが漂うこのキャンプ場所。

サイトは川サイト・林間サイト・山サイトと3スペースに分かれています。

 

ここでは、無料で自転車の貸し出しをされています。

自転車置スペースから勝手に借りることができ遊び終わったらその場所に返すだけ。

我が家の子供達は、到着早々自転車で遊びます。

 

子供は車移動で疲れ、機嫌が悪くなること、ありませんか?

到着しても、まっているのは、テントの準備やご飯の準備…。

そんな時、さっと自転車遊びできるのは、最高!と喜んでいるので、いつもお借りしています。

 

他にも、釣り堀・遊具・バスケットスペースなどもあり、楽しめることがたくさん。

目の前の川に入ったり、虫取りしたり、遊び尽くせます。

 

 

川も大きく流れが少しきつい所もあるので、大人がしっかり見ていた方がいいです。

川に入らなくても、網で小さな魚がとれたり、カニがいたりと十分楽しめます。

 

虫網で魚つかみをすると、石がひかかるのですぐに破れてしまいます。

魚取り用の網があると便利ですね。

100円均一にも売っているもので十分なので、持っていくと便利ですよ。

 

子供と一緒に遊ぶと、すぐに汚れたり濡れたりします。

皆さんも経験あると思います。

 

キャンプでは、ハンガーや洗濯ばさみがあると、とても便利です。

テントやタープの端っこに、ちょっと干したりできるからです。

夏場で天気の良い日なんかはすぐに乾くので、重宝します。

これも持ち物リストに追加してください!

 

 

そして、私の番のオススメポイントです。

キャンプのときに大変なお風呂。

小さい子供がいる家庭だとなおさら大変なんですよね。

 

だいたいの施設では、近くに銭湯やシャワールームがありますが、ここのお風呂は最高なんです!

 

 

お風呂場は二か所あり、どちらも自宅にあるようなユニットバス。

そこに家族皆で入ることができます。

(もちろん別々でもOKです!)

 

一見普通のお風呂ですが、なんとなんと!お湯が温泉なんです。

蛇口から温泉がでるなんて感動じゃないですか?

浴槽にお湯をためると、体がしっとりとして、快適すぎるくらいです!

 

キャンプ地の近隣に温泉施設があるキャンプ場もありますが、施設内にあるのは便利なうえ、嬉しいですよね!

家族みんなで一度にお風呂に入れるのはとても便利で、母親目線からするととても重要なポイントです。

 

姉川パークキャンプ場の利用料金↓↓

1サイト 3000円

お風呂利用料金 500円(小学生以下 300円)

 

 

管理人さんがとっても親切で、緊急時には対応していただけます。

管理棟に常時在宅されているので、困った時に助かりますね!

 

 

  • 滝と渓流の高山キャンプ場

このキャンプ場は金糞山のふもとに位置し、高速道路からも近くアクセス抜群です。

長浜インターから近くにあるので、遠方から来られる際には利用しやすいですね。

 

 

このキャンプ場は大自然の中にあり、のんびりと過ごすことができます。

虫とりや、魚とりが大好きな子供にはピッタリの場所でとっても楽しめるんです。

 

 

キャンプサイトの横には川があります。

大きすぎない川で流れも緩やかなため、川遊びするのにはピッタリです。

 

我が家は川遊びする際、ライフジャケット使用します。

川で遊べる季節に行かれる際、持っているなら是非持参してください。

 

この川には、小さい魚~10センチ程度の魚がたくさんいます。

水は綺麗ですが、とっても冷たいです。

子供達は冷たい!と何度も言っていましたが、全く気にせず楽しそうに遊んでいました。

 

 

サイトはオートキャンプ場と林間サイトがあり、サイトの中間に大きな芝スペースがあります。

芝生の上では、フリスビーやバトミントンで遊ぶ人が多かったです。

 

芝の周りがぐるりと一周アスファルトになっています。

子供達はスケートボートなど、持ち運びが簡単な遊び道具を持っていくのががオススメです。

 

今回はスケートボードを持参したので、食事の準備や後片付け中に子供は遊びまくり。

自分のテントサイトからも子供達の様子が見られるので、どこ行ったのかな?大丈夫かな?と心配いりません。

「子供達の様子が気になる」

お父さんお母さんには、常に様子が見られる事はとっても重要で、大事なことなんですよね。

 

子供達もちょっと遊んでくる!と何度もスケートボードをして楽しそうでした。

次回はフリスビーも持っていきたいです。

 

 

キャンプ場の夜は早いです。

ファミリーキャンプの多いキャンプ場ならなおさら夜は静まり返っています。

 

トランプやウノなどカードゲームを持っていくとテントの中でも楽しめます。

小さい子供さんだと就寝も早いですが、小学生の子供の場合こんな時はりきってしまい、なかなか寝付きません。

そんな時、カードゲームはオススメです。

 

自宅だと、一緒にゲームするなんて、ほとんどありません。

時間があってもお互い自分のしたい事をしてしまい、カードゲームなんてなおさらしません。

 

子供と向き合ってゲームすることは、一緒に楽しむ時間になり、私にとってはいい機会になりました。

 

 

子供達の大喜びポイントはコレ↓

宿泊した翌日の朝、なんと、クワガタに遭遇したのです。

 

子供たちは大興奮!

もともと、昆虫が大好きなんですが、大自然の中で、しかも木にとまっていた所を発見したわけですから…。

衝撃的だったのでしょう!

 

 

このキャンプ場では、運がよいとクワガタやカブトムシも遭遇するそう。

虫かご・虫網は必須アイテムですね!

 

 

キャンプ場自体もそれほど大きくなく、ファミリーキャンプにはピッタリの場所でした。

今回は8月に出かけたのですが、夜は少し肌寒かったので、薄手のはおり物があるとベストですね!

蚊や虫もたくさんいるので、虫よけスプレーや蚊取り線香もお忘れなく!

めっちゃ刺されます!(笑)

 

滝と渓流の高山キャンプ場の利用料金↓↓

オートキャンプ場 1泊 4500円

林間キャンプ場 1500円 + 施設使用料 1名1日300円

(どちらも、ハイシーズン料金が設定されています。)

 

優雅にグランピング・オススメ3選

 

自然のなかでゆっくりリラックスしたい。

キャンプ初心者で、準備もできるのか心配…。

 

そんな人におススメなのが、グランピングです。

グランピングとは、「グラマラスキャンピング(優雅なキャンプ)」を略した言葉。

名前のとおり、デザイン性のあるおしゃれな空間で、おいしい食事ができます。

 

キャンプに比べると値段も高めではありますが、テントの準備、食事の準備、それに後片付けの必要もありません。

なにより、空間がおしゃれ!

キャンプ初心者の方や女の人達だけでも楽しむことができます

 

そこで、滋賀のグランピング施設の紹介です。

 

 

  • 奥琵琶湖マキノグランピングホテル

「玉ねぎテント」の愛称で知られているロータスベルのテントが全5棟あります。

それぞれ内装もテーマごとに異なっているので、宿泊施設を決めるだけでも楽しめます。

 

 

釣り竿貸し出し、カヤックやSUPの貸し出しもされています。

レンタルもできますが、家に釣り竿を持ちの人は是非持参してください。

琵琶湖で魚釣りができますよ~!

 

 

目の前に広がるビーチは、「快水浴場100選」にも選ばれた美しいビーチです。

とっても綺麗で魅力の一つです。

 

我が家は夏に行ったので、もちろん水着は持参です!

何度も何度もビーチに足を運びました。

泳いで、少し休憩、と繰り返して遊んで子供達も満足そうでした。

 

マリンシューズを履いていたおかげで、水の中でも脱げず、ビーチでも石が入ってこないので快適でした!

琵琶湖のビーチで遊ぶ際は、マリンシューズがあると便利です!

(ネットでは1000円程度で販売されているものもあります)

 

 

そして、琵琶湖から昇る朝日は必見!

日の出時間をチェックし、夜空を見ながらスタンバイするのが、見逃さなためのオススメです。

朝食はバスケットにはいっており、ビーチサイドなど、好きな場所でたべることができます。

場所を選ぶだけで子供たちはわくわくするので、なかなか場所が決まらない~!

とっても楽しく過ごせます!

 

 

  • グリーンパーク山東 GLAMP ELEMENT 

このグリーンパーク山東 GLAMP ELEMENTは、県内最大級のグランピング施設。

 

ロータステント、天窓から星空を眺められるホワイトドーム、ウッドキャビンという3タイプの宿泊施設があります。

 

今回はこのウッドキャビンで宿泊しました。

木の暖かさを感じるこの施設は、とってもオシャレで別荘感覚。

宿泊した人だけが乗ることのできる、専用カヌーが付いてあるのです!

プライベートデッキから好きな時に、池を回遊することができるので、なんとも優雅で、別荘感覚がさらにアップするのです。

 

 

徒歩圏内には、「天狗の丘」にあるアスレチックや100m滑り台の「ドラゴンスライダー」など、遊び場があります。

大人も遊び心をくすぐられるほど長い滑り台は、子供と一緒に楽しむことができます。

どちらも料金無料のため、宿泊中何度でも行くことができるので、子供連れにはとてものおすすめの場所になります。

 

子供は大喜び!

何度も何度もスライダーをしたがります。

大人の私は、子供よりスピードも増し、怖いくらい…。

入口のスタート地点に、おしりの下にひくマットが置いてあるので大助かりでした!

滑りすぎてお尻が痛い~!

マットもありますが、できれば厚めのパンツを履いていってください。

細かい振動で痛痒くなるんです!

 

 

このグランピング施設も、アスレチックも山の近くにあるので虫対策は必須アイテムです。

虫よけスプレーにかゆみ止め。

「蚊にまけないぞ~!」といつも意気込んで行きます!

 

 

  • STAGEX高島 -ステージクス高島- 

このグランピング施設は総面積7ヘクタールもある広大な施設です。

 

愛犬と一緒に泊まれる「ペット同伴宿泊テント」全3サイトもあるため、

「宿泊でおでかけしたい!」

「愛犬も一緒がいい!」
そんな方にはピッタリの場所です。

 

芝生のドックランも設置されてり、愛犬が楽しめる空間になっています。

おもいっきり走り楽しむ愛犬をみながら、のんびりくつろいでください。

 

そのほかにももちろん魅力的なお部屋がたくさんあります。

どの部屋でもプライベート空間を重視されており、大自然のなかで非日常感を味わうには最高の場所ですね。

 

 

アクティビティも充実していました。

琵琶湖周辺の景色を楽しむための自転車の貸し出し、マリンアクティビティのSUP体験、また旬の野菜の収穫体験などさまざまです。

 

収穫体験では、「さくらんぼ」「ブルーベリー」「ぶどう」「栗」「さつまいも」など、次期によって異なりますが経験したことのないものを選ぶのもいいですね!

 

 

出かけたのが、10月の始めという時期もあったので「栗拾い」に初挑戦!

 

大人 1600円(1㎏のお土産付き)

小学生 800円(500gのお土産付き)

幼児は無料

1㎏って少ないかな?と思いながら拾いましたが、栗の1㎏ってけっこうな量です。

沢山拾ったつもりでいましたが、全然足りませんでした。

1㎏に満たなかった分は、出口で栗を追加してもらえました(ちょっとおまけも)。

 

そして、栗拾いに行く際は、長靴・軍手・トングをおわすれなく。

軍手も必要ですが、栗の周りのトゲトゲは結構痛いので、トングなど挟むものがあったほうが栗を拾いやすいです。

 

そして子供には綿の軍手ではなく、少しビニールがついているような軍手のほうが、痛くならずオススメですね!

 

栗拾い体験!

子供は、「この栗いいかな~!これは虫の穴がある!」と一つ一つ真剣で、いつもとは違う表情でびっくり。

いろんな体験ができるのは、子供にとってとても勉強になり、私も嬉しく思いました。

良い経験になりますね!

 

また違う季節に宿泊し、さくらんぼ狩りやブルーベリー狩りも行ってみたいです!

 

 

まとめ

 

ゆっくりできる場所でリラックスしたい!

疲れがたまり自然の中で開放されたい!

子供と一緒に遊びたい!

そんな方がいらっしゃると思います。私もあります!

 

おうちの中で快適に過ごすのもいいですが、適度な運動も交えながら楽しむことのできる自然のアクティビティ。

自然のなかでゆっくり休むとリラックス効果も高く、食事も何倍もおいしくな感じます。

 

それぞれにあった場所で、是非楽しく過ごしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました