トレンド

プルシェンコがプーチンの犬と言われる理由!支持する理由は自分の為?

元フィギュアスケート選手のプルシェンコさんが自身のインスタでの投稿した文章を巡って話題になっています。https://www.instagram.com/plushenkoofficial/

プルシェンコさんが投稿したインスタはいったいどんな内容だったのか。

またプルシェンコさんがプーチンの犬と言われる理由についても調査していきたいと思います。

またプーチン大統領を支持することには理由があるようです。

「プルシェンコがプーチンの犬と言われる理由!支持する理由は自分の為?」と題して紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • プルシェンコがプーチンの犬と言われる理由!
  • プルシェンコがプーチンを支持する理由は自分の為?

では早速本題に行きましょう!ご覧ください。

プルシェンコがプーチンの犬と言われる理由!

プルシェンコさんはプーチン大統領の犬と言われています。

その発端となったインスタです∇

私はロシア人です !私はロシア人であることを誇りに思っています!!!私は大ロシアのハバロフスク地方で生まれました。長い間、私はヴォルゴグラード-スタリングラードに住んでいました。私はサンクトペテルブルクでスポーツをしていましたが、現在はモスクワ地方に住んで働いています。私は4つの異なるオリンピックで4つのオリンピックメダルを母国であるロシアに持ち込みました。 🇷🇺人種差別をやめろ!虐殺をやめろ!ファシズムをやめろ!

もう一つ、投稿されているものです∇

黙れません。私はアスリートとして、そして正気の人として、スポーツは政治から外れているという立場を共有しています。しかし実際には、これはわかりません。月曜日に、IOCがすべてのスポーツで選手を停止するよう呼びかけた後、FIFAとUEFAはすべての大会からチームを除外しました。今日、国際スケート連盟(ISU)は、ロシア人がその支援の下で競技会に参加することを禁止しました。これは大きな間違いです! 現在のように、スポーツと政治を混ぜ合わせたり、アスリートを罰したり、パフォーマンスや競争の権利を奪ったりすることはできません。これは差別であり、アスリートの権利を直接侵害するものです。私たちのスケーターは、彼らが世界で最も強いことを証明しています。フィギュアスケートへの関心は、私たちのアスリートなしでは同じではありません。スポーツにおいてロシアの代表者に適用される制裁は不十分であり、政治化されています。私たちのアスリートが国際大会に参加しない場合、多くのスポーツで最強の選手が家に留まるため、勝利は減価償却されます。ごく最近、IOCはオリンピックのモットーである「より速く、より高く、より強く」を変更し、1894年に承認されました。今では、「より速く、より高く、より強く、一緒に」と聞こえます。ただの言葉ですか?今、彼らはロシアを世界のスポーツから隔離したいと思っています。つまり、オリンピックの価値観は過去のものです。 誰もが平和を望んでいて、私はそれを望んでいます!できるだけ早くすべてが終わり、交渉が実を結ぶことを心から願っています。私は私たちの大統領を信じています!私は政治家ではなく、アスリートであり、スポーツへの愛情を通じて人々を団結させ、政治的な違いを克服することを目標としています。私たちは皆が管理すると確信しています!!!!!💪🏻🇬🇧

この文中にある「誰もが平和を望んでいて、私はそれを望んでいます!できるだけ早くすべてが終わり、交渉が実を結ぶことを心から願っています。私は私たちの大統領を信じています!」という言葉が話題になったようですね。

多くの人が「NO WAR」と願う中で、プルシェンコさんが話した大統領を信じますという言葉。

もちろんプルシェンコさんも平和を望んでいます。

上記の言葉のなかにはどんな意味が込められたのでしょうか?

この言葉をぱっと見るだけでは、大統領を支持しているように感じられます。

そして多くの人もそう捉えたのでしょう。

「プルシェンコさんはプーチン大統領を支持している」から「プーチンの犬」と言われてしまったのでしょう。

プルシェンコがプーチンを支持する理由は自分の為?

プルシェンコさんがプーチン大統領を支持する理由について調査しました。

こんな気になるニュースがありました。

「プルシェンコは現役引退後、後進育成のためにモスクワ市内にスケート養成アカデミー『エンジェルズ・オブ・プルシェンコ』を創設。有能な選手は無料で受け入れているそうです。これはワリエワら多くのメダリストを指導しているエテリ・トゥトベリゼ・コーチが在籍する『サンボ70』と同じ。北京五輪で銀メダルを獲得したトルソワは現在エテリ門下生だが、シニア2年目にプルシェンコ組へ移籍。しかし大会で結果が出ず、エテリのもとへ戻った。当時、プルシェンコは多くを語らなかったが、エテリへの対抗意識が強くなったのは言うまでもない。今やロシアフィギュア界はエテリ1強時代。エテリの牙城を崩し、国内での自身の立場を大きくしたいプルシェンコにとって、プーチン擁護は欠かせないピースのひとつなのです」(フィギュア関係者)

引用元:Yahoo!ニュース

プルシェンコさんはロシアに自分のスケート養成アカデミーを創設されています。

ニュースの記事内にも書かれてあるように、フィギアスケート大国のロシア内において立場を大きく肥大したい…。

アカデミーを創設するにあたり野望目標を持ってされていることでしょう。

このことがプルシェンコさんの心を占めており、自分の野望の為にプーチン大統領を支持する理由なのでしょう。

しかしそれはまた別問題。

この大変な時に投稿したことにより、大きな誤解が生じてしまっている可能性もあります。

プーチンを支持=WAR(戦争)ということではなさそうです。

まとめ

元フィギュアスケート選手のプルシェンコさんが自身のインスタでの投稿した文章を巡って話題になっています。

プルシェンコさんが投稿したインスタはいったいどんな内容だったのか、日本語訳も交えてお伝えしました。

またプルシェンコさんがプーチンの犬と言われる理由についても、このインスタの投稿が原因でしょう。

そしてプーチン大統領を支持することは、自身が創設したフィギアスケートアカデミーを持越しての支持のようです。

「プルシェンコがプーチンの犬と言われる理由!支持する理由は自分の為?」と題してお伝えしました。

最後までお読み下さりありがとうございます。

 

error: Content is protected !!