KARIN塔
気になる出来事お伝えします!
スポーツ

坂元達裕の年棒が急上昇!プレースタイルや経歴・プロフィールも紹介!

2021年J1リーグセレッソ大阪で活躍中の坂元達裕選手。

ドリブルでの切り返しがトレードマークの選手です。

活躍により年棒も一気に急上昇したようです。

実際どのくらい金額の変化があったのか調べてみました。

また、坂元選手はどんなプレースタイルで、どんな経歴なのかも調べてみました。

坂元達裕の年棒は?

2020シーズンよりセレッソ大阪に移籍している坂元選手

▼年棒の変化はこちら▼

2019年 モンテディオ山形
2020年 セレッソ大阪 1500万円
2021年 セレッソ大阪 2500万円

2019年の年棒がわかりませんでした。

しかし、大学卒業した直後なので、J2の平均年棒500万もしくはもう少し低いのではないでしょうか。

だとしても毎年1000万円づづ増加しているわけですから、

すご過ぎませんか( ゚Д゚)?

活躍、いや大活躍されたがゆえに、この金額になったのでしょう。

2021年も6ゴール、5アシストと活躍されていたので、さらに増加する可能性はありますね

海外移籍というキーワードもよく噂になっています。

実際海外に移籍するなら、さらに年棒も跳ね上がるでしょう。

面白いものを見つけました。

ドイツの移籍専門マーケット「トランスファーマーケット」では独自のデータに基づき選手の市場価値がわかるサイトがあります。

▼坂元選手の市場価値▼

€1.20m

日本円に換算すると、1億3000万円というデータがありました。
これが本当なら、坂元選手の将来がますます楽しみです(^^♪

坂元達裕のプレースタイルは?

 

坂元選手のプレースタイルは?と聞かれると、まずドリブラーだという事です。

ドリブルの特徴は、スピードと力強さ

ちたわらこれだけでは、坂元選手の素晴らしさが伝わらないので…

▼こちら動画をご覧ください▼

 

中盤から一気にボールを運びますが、ドリブルで相手DFを抜き去ります。

またサイドから中央にクロスをあげ、チームメイトへアシストする場面も多く見られます。

ドリブルだけでなく坂元はスピードも武器にしており、キックフェイントはどのチームのDFも警戒しているようです。

そのキックフェイントは、相手にとって次のプレーの予測が難しく対応が遅れてしまいます。

その一瞬の隙にの得意のスピードを生かで相手をかわしていくんです。

そしてドリブルだけでなく、得点能力でも素晴らしく、得点につながっているんです。

 

坂元達裕の経歴は?

 

小学生・青葉フットボールクラブ育成会でサッカーを始めます。

中学生・FC東京U-15むさしに在籍

高校生・FC東京ユース昇格はならず、前橋育英高校に進学

2014年・全国高校選手権で準優勝しました。当時坂元選手は3年生

高校卒業後は東洋大学に進学し、サッカー部に所属

大学4年の夏からモンテディオ山形での練習に参加するようになります。

大学卒業後、J2モンテディオ山形でプロ生活をスタート

 

坂元選手は、世代別代表の経験もなく「プロに入れるか分からない時期もあった。挫折もたくさんした」とコメントされています。

J2山形では1年目にしてJ2リーグ42試合出場

7ゴール3アシストと昇格プレーオフ進出に大きく貢献されました。

翌年、セレッソ大阪に移籍

J1デビューイヤーにもかかわらず7アシストするなど、大きな成果を残されました。

そして、2021年日本代表にも選出され、A代表デビューも果たします。

 

プロフィール

 

名前・坂元達裕(さかもと たつひろ)

出身地・東京都

生年月日・1996年10月22日

年齢・25歳

身長・170cm

体重・63kg

出身高校・前橋育英高校

最終学歴・東洋大学

ポジション・MF

チーム経歴・モンテディオ山形 – セレッソ大阪

まとめ

 

坂元選手の年棒について紹介しました。

プロ3年目にして年棒2500万円は素晴らしいですね!

2021年は、日本代表にも選出され試合にも出場されています。

今後さらに、坂元選手の年棒はアップするでしょう。

 

また、普段どんなプレースタイルなのか、経歴やプロフィールも紹介しました。

2022年、来シーズンもさらなる活躍を期待し、応援したいとおもいます♪

最後までお読みいただきありがとうございました(^^!