KARIN塔
気になる出来事お伝えします!
スポーツ

宇佐美貴史のガンバ愛がすごい!今後移籍の可能性はある?

2021年はガンバ大阪に所属されている宇佐美貴史選手。

2022年シーズン、川崎フロンターレが獲得?と話題になっていますね。

川崎に移籍?と気になる人も多いのではないでしょうか?

サッカーファンなら皆さんご存じと思いますが、宇佐美選手は幼少期から日本のクラブではガンバ一筋、ガンバ愛がすごいんです!!

過去の経歴でもそのすごさは分かると思います♪

宇佐美選手とガンバ大阪の歩みとともに紹介したいと思います!

宇佐美貴史移籍の可能性は?

 

ガンバ大阪一筋として、海外への挑戦はされるものの、日本のクラブでは13歳からガンバ大阪でプレーを続けている宇佐美選手。

2022年シーズン、移籍の可能性はあるのでしょうか?

今までのガンバ一筋ということ、2021年シーズンの結果が思うようにいかず悔しい思いをされていることから来シーズンもガンバでプレーされる可能性もあります。

宇佐美選手は来年30歳。

大久保嘉人選手、家長昭博選手もその歳くらいで川崎に移籍されさらに活躍されています。

そう考えると移籍の可能性もありえそうな感じがします。

こちらは分かり次第追記していきますね。

宇佐美貴史ガンバ大阪での経歴

 

小学生の頃から「天才少年」として注目されていた宇佐美選手。

2005年(13歳)・ガンバ大阪ジュニアユース(中学生年代の下部組織)に入団

同年代の中ではトップクラスの実力で、日本代表にも選出されます。

 

2007年(15歳)・中学3年生でありながら高校生のカテゴリーのガンバ大阪ユースに飛び級として昇格されます。

レギュラーでの出場、日本クラブユース選手権の優勝にも貢献

2008年(16歳)・背番号10番として、Jリーグのユースチーム全国大会で優勝

2009年(17歳)・飛び級でのトップチーム昇格これはガンバ大阪史上初

クラブ史上最年少記録(17歳14日)で公式戦デビュー・同日に公式戦初得点

この経歴すごくないですか??

ユースチームでは圧倒的な活躍を見せたいたそうです。

ガンバ大阪の一員選手として活躍されていたんですね!

 

活躍をしてきた宇佐美選手ですが、

2011年(19歳)・ドイツのバイエルン・ミュンヘンへ移籍

ドイツでは思うような結果を残せずに、わずか2年で日本に帰国されます。

2013年(21歳)・J2 ガンバ大阪へ復帰

宇佐美選手の活躍も大きく貢献し、ガンバ大阪はJ1へ復帰

2014年(22歳)・リーグ、天皇杯、ナビスコ杯を制覇し昇格即の3冠獲得という快挙に大きく貢献されました。

2015年(23歳)・天皇杯を獲得し2連覇に貢献

2016年(24歳)・アウクスブルクへの移籍

2019年(27歳)・ガンバに復帰

この二度の海外挑戦、そして短期間でのガンバ大阪への復帰。

育ててくれたクラブ、そしてガンバ愛が復帰への要因なったことは間違いないでしょう。しかし、現松波監督はこの復帰時に厳しい言葉をかけたそうです。

しかし、宇佐美選手は復帰を決めガンバで再びプレーすることを貫かれます。

復帰の際には、他のチームからの要請もあったそうですが、戻ってくるならガンバ大阪と決めていたのでしょうか?

ここでもガンバ愛を感じられますね!

海外には挑戦もされますが、ガンバ一筋!!!

ファンの方にとっても、宇佐美選手はガンバに無くてはならない存在であることは間違いないですね。

宇佐美選手の幼少期

 

宇佐美選手はお兄さんが二人います。

地元のサッカーチーム「長岡京SS」に所属されていたこともあり、宇佐美選手も同じチームに入団されました。

この頃からサッカーセンスに優れており「天才少年」と呼ばれていたそうです。

低学年のときから高学年の試合に出場し、体の大きさで差をつけられるかと思いきやプレーで実力を発揮されるのです。

小学生の間に出場した試合では600点以上得点を決め、地元では超有名人だったようです。

ただ、才能があるだけではなく、常に努力を重ねたことも実力につながっているといえます。

試合の映像をチェックし、どうすれば良くなるか、どこを直さないといけないかの研究。

そして、クラブチームの練習が無い日は自主練習をして練習に明け暮れていたのです。

 

小学校卒業後はガンバ大阪ジュニアユースへ入団

大阪へ行きたいという、宇佐美選手の強い要望があったようです。

このころからガンバ大阪が大好きな少年だったんですね\(^○^)/

まとめ

2022年シーズン、川崎フロンターレからの獲得オファーが届いているようです。

このままガンバ愛を貫かれるのか、それとも新たに挑戦されるのか。

宇佐美選手がどのような決断をするのか楽しみです。

どちらの選択をされるにせよ、これからも活躍される宇佐美選手を応援したいと思います(^^)/

最後までお読み下さりありがとうございます♪