音楽

米津玄師ライブ2022倍率は?ツアー日程や狙い目の会場も!

米津玄師さんがアリーナツアーを行うことが決定しました!

今回のライブツアーは全国5会場で、2022年9月23日(金・祝)~10月27日(木)まで行われます。

前回のツアーは2020年2月中断してしまったこともあり、ファンにとっては待望のライブであることは間違いありません。

今回のライブツアーですが、倍率が高いと予想されます。

いったいどのくらいの倍率なのでしょうか?

ライブ会場はアリーナということもあり、倍率が高くなると思われます。

また狙い目の会場なども紹介していきますね!

今回は「米津玄師ライブ2022倍率は?ツアー日程や狙い目の会場も!」と題して紹介していきます。

この記事でわかること

  • 米津玄師ライブ2022倍率がヤバい!
  • 米津玄師ライブ2022・ライブ日程は?
  • 米津玄師ライブ2022・ライブ狙い目の会場は?

では早速本題に行きましょう!ご覧ください!

米津玄師ライブ2022・倍率は?

米津玄師さんのライブ2022の倍率は

2倍~13倍

倍率の出し方ですが、こちらで計算しました∇

エントリー数 ÷ 収容人数 = 倍率

  • エントリー数 = チケット申込者数
  • チケット申込者数 = Twitterのフォロワー数の割合
  • 収容人数 = ライブ会場に収容できる人数

詳しく説明していきますね!

応募人数

今回の米津玄師さんのライブは、ニューシングル「M八七」に封入されているシリアルナンバーでの申込みになります。

現段階では「M八七」はまだ発売前になるため応募数がどの位になるかわかりません。

シングル「Pale Blue」の売り上げ枚数を参考に計算していきます。

シングル「Pale Blue」の初週売り上げは15.6万枚です。

ということは、今回のシングルも20万枚は売上であることは間違いないでしょう。

ファンなら、1枚だけでなく鑑賞用・保存用と2枚購入される場合もあります。

CD購入数 30万枚


また、米津玄師さんのSNSのフォロワー数から応募者数を仮定してみたいと思います。

Twitter:270万人

Instagram:139万人

フォロワー数が大きく異なりますが、両方をフォローしている人もいると思います。

今回はCD購入数とTwitterでのフォロワー数で計算します。

CD購入数1枚申込2枚申込
300,000枚300,000600,000

 

そしてTwitterです、270万人全員が米津玄師さんのライブに申込むとは限りません。

ということで、2割~4割の方が応募すると仮定しました

チケットの申し込みも1枚、2枚の場合もあるのでそれぞれで仮定してあります。

Twitterフォロワー申込割合申し込み人数1枚申込2枚申込
2割540,000人540,000枚1,800,000枚
3割810,000人810,000枚1,620,000枚
4割1,080,000人1,080,000枚2,160,000枚

このような申込人数になりました。

この数字から計算していきます。

ライブ会場収容人数

ライブ会場には入れる人数に制限があります。

それぞれの会場で何人収容できるのか見ていきましょう。

開催会場収容人数公演数参加可能人数
東京・東京体育館10,000人2公演20,000人
大阪・大阪城ホール16,000人2公演32,000人
兵庫・神戸ワールド記念ホール8,000人2公演16,000人
愛知・日本ガイシホール10,000人2公演20,000人
埼玉・さいたまスーパーアリーナ37,000人2公演74,000人
合計162,000人

こちらがライブ会場を考慮しての、参加できる人数になります。

倍率

倍率の計算方法を説明します。

上記で計算した、ライブ全公演の収容人数は58,778人

Twitterのフォロワー数270万人のうち2割~4割の会員が1人2枚ずつエントリーすると仮定し計算していきます。

計算式は(エントリー数 ×枚数 ÷ 収容人数 = 倍率)になります。

CD購入での場合

300,000×1枚 ÷ 162,000 = 1.85  約2倍

600,000×2枚 ÷ 162,000 = 3.7   約4倍

Twitterでの場合

<申込者2割の場合>

  • 540,000×1枚 ÷ 162,000人 = 3.33   約3倍
  • 540,000×2枚 ÷ 162,000人 = 6.66   約6倍

<申込者3割の場合>

  • 810,000×1枚 ÷ 162,000人 = 5    約5倍
  • 810,000×2枚 ÷ 162,000人 = 10   約10倍

<申込者4割の場合>

  • 1,080,000×1枚 ÷ 162,000人 = 6.66  約6倍
  • 1,080,000×2枚 ÷ 162,000人 = 13.33 約13倍

会場の収容人数ですが、密接密集をさけるために100%の収容人数でない可能性もあります。

感染対策により入場制限がある場合は、「5,000人以下、または会場の半分の人数どちらか多い方」

今回のライブで、感染症対策を行われた場合、5000人以下の会場がないため、収容人数の半分となります。

倍率は3~13倍としましたが、倍の6~26倍となる可能性があります。

米津玄師ライブ2022・ライブ日程

米津玄師さんのライブ2022の日程について紹介します。

開催日程開催会場開催時間
2022/9/23(金・祝)東京・東京体育館17:00
2022/9/24(土)東京・東京体育館17:00
2022/10/4(火)大阪・大阪城ホール18:00
2022/10/5(水)大阪・大阪城ホール18:00
2022/10/8(土)兵庫・神戸ワールド記念ホール17:00
2022/10/9(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール17:00
2022/10/18(火)愛知・日本ガイシホール18:00
2022/10/19(水)愛知・日本ガイシホール18:00
2022/10/26(水)埼玉・さいたまスーパーアリーナ18:00
2022/10/27(木)埼玉・さいたまスーパーアリーナ18:00

今回のライブは5会場で2日間ずつ開催され、全部で10公演となります。

米津玄師ライブ2022・狙い目の会場は?

ファンは絶対参加したい!という人も多いのですよね!

狙い目の会場日程はいつなのか気になります。

狙い目の会場

ガイシホール

このライブ会場が割と倍率が低いと予想します。

 

今回のライブは主要都市ばかりなので、人気は殺到するでしょう。

しかし日程を見てみると「東京・神戸・埼玉」での公演は休日、「大阪・愛知」公演は平日の公演になります。

愛知県近辺にもたくさんのファンはいますが、関東方面に出向くファンもいるでしょう。

大阪にも行けない距離ではありません。

これらを踏まえて、「愛知・ガイシホールが」狙い目の会場なのかもしれません。

まとめ

今回は「米津玄師ライブ2022倍率は?ライブ日程や狙い目の会場も!」として紹介しました。

米津玄師さんがアリーナツアーを行われることが決定し話題になっています。

今回のライブツアーは全国5会場で、2022年9月23日(金・祝)~10月27日(木)まで行われます。

今回のライブツアーですが、倍率は3~13倍と予想されます。

狙い目の会場としては「愛知・ガイシホール」と予想します。

ライブの日程も紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!