人物

青木拡憲の国籍はどこ?日本人か韓国人?息子(長男)や家族構成も!

青木拡憲さんが話題になっています。

青木拡憲さんといえばAOKIホールディングス元会長で、「洋服の青木」を創業された立役者です。

青木拡憲さんを検索すると「国籍」や「韓国人」などという文字が見られました。

青木拡憲さんの国籍はどこなのでしょうか?日本人ではなく韓国人なのでしょうか?

調査したいと思います。

また、AOKIホールディングスの会長は息子さんがされているということで、息子(長男)や妻など家族構成についても紹介したいと思います。

今回は「青木拡憲の国籍はどこ?日本人か韓国人?息子(長男)や家族構成も!」としてお伝えします。

この記事でわかること

  • 青木拡憲の国籍はどこ?日本人か韓国人か?
  • 青木拡憲の息子(長男)や家族構成について

では早速本題に行きましょう!ご覧ください!

青木拡憲の国籍はどこ?日本人か韓国人か?

青木拡憲さんの国籍はどこなのでしょうか?

まずは青木拡憲さんのお顔を見てみましょう∇

お顔を見てもわかりませんね(笑)

日本人にも見えますし、韓国人と言われればそうも思えます…。

名前は「青木拡憲」と書き、正しい漢字は「青木 擴憲」です。

漢字が難しいですが、読み方は「ひろのり」と読み、日本人に多くいる名前ですね。

青木拡憲さんの年齢から考えても、名前の「擴」や「憲」という漢字のどちらかが、父親や祖父などから継がれている可能性もあります。

 

見た目や名前では判断できないので、 青木拡憲さんの父親や母親を調べてみました。

1938年9月、長野県長野市篠ノ井で、米穀商・青木商店の長男として生まれました。

父親や母親について詳しい情報はないものの、米穀店(米屋)の長男ということは分かっています。

 

米穀店は先祖代々続いている商店が多いことから、父親母親は日本人ではないでしょうか?

国籍も日本の可能性が高いですね。

こちらは、分かり次第追記します。

国籍:日本                      引用:Wikipedia

2022年8月19日、追記されていました。

 

国籍は日本ということで間違いなさそうです。

青木拡憲の息子(長男)や家族構成について

青木拡憲さんの家族について紹介します。AOKIの会長も息子さんが継がれていることから、どんな子供さんなのか気になります。

子供は息子さんが2人います。

2人とも家業を継ぎ、共に働かれていいます。

息子(長男)

青木拡憲さんの息子(長男)

青木征允(まさみつ)

主な経歴はこちら∇

1993年4月 AOKIホールディングス入社
2002年9月 アニヴェルセル (株)出向
2010年6月 (株)アニヴェルセルHOLDINGS代表取締役社長
2010年6月 AOKIホールディングス常務取締役
2017年4月 アニヴェルセル (株)取締役会長

青木拡憲さんの長男として、AOKIホールディングスの会長になったのは長男で征允さん、と思っている人が多いのではないでしょうか。

違います!!

青木拡憲さんの息子(長男)征允さんアニヴェルセルで取締役会長です。

 

現在は

  • (株)アニヴェルセルHOLDINGS代表取締役社長
  • AOKIホールディングス常務取締
  • アニヴェルセル (株)取締役会長

として活躍されています。

AOKIホールディングスは3つの事業を展開されています。

  • ファッション事業「(株)AOKI」
  • アニヴェルセル・ブライダル事業「アニヴェルセル(株)」
  • エンターテイメント事業「(株)快活フロンティア・(株)ランシステム」

そのうちの1つの事業を長男の征允さんが、担っているのですね。

息子(次男)

青木拡憲さんの息子(長男)

青木彰宏(あきひろ)

主な経歴はこちら∇

1994年4月 AOKIホールディングス入社
2003年〜  ORIHICAの立ち上げ参画
2008年     (株)オリヒカ 社長
2010年6月 AOKIホールディングス2代目社長
2022年春  AOKIホールディングス2代目会長
      (AOKIHDの社長は、創業家以外の常務東英和が就任)

成城大学卒業後にAOKIホールディングスに入社されます。

ORIHICA社長を経験後、AOKIホールディングスの2代目社長、そして父の退任により「AOKIホールディングスの会長」となられました。

現在のAOKIホールディングスの社長は、「東 英和」さんという方です。

青木家とは親族ではありません。

 

青木拡憲の妻

青木拡憲さんの妻について、詳しい情報が見つかりませんでした。

  • 青木拡憲さんの年齢は83歳
  • 息子の年齢が53歳

このことから考察すると、結婚されて50年以上たっていることが分かります。

予想とはなりますが、妻の年齢も80代かもしれませんね。

 

高橋治之の弟(高橋治則)もリゾート王で超エリート!妻と子供の家族構成も!東京オリンピック組織委員会の元理事の高橋治之さんが話題になっていますね。 高橋治之元理事といえば、かなりエリートですごい経歴ですね...

まとめ

今回は「青木拡憲の国籍はどこ?日本人か韓国人?息子(長男)や家族構成も!」としてお伝えしました。

AOKIホールディングス元会長で、「洋服の青木」を創業された立役者の青木拡憲さん。

青木拡憲さんの国籍はどこなのでしょうか?

日本人か韓国人か調べましたが分かりませんでした。

実家が米穀店を行われていたことから、代々のお店の可能性が高いです。

ここからはあくまで予想となりますが、

サツマイモでスイートポテトを作りたいと思いました。

青木拡憲さんの子供(長男)や次男について調査しましたが、明確な答えはわかりませんでした。

AOKIを継いだのは長男ではなく次男デです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

error: Content is protected !!