スポーツ

白井一行球審の年収や経歴は?誤審や退場の判定についても調査!

2022年4月24日(日)にロッテとオリックスの試合、、白井一行球審が佐々木朗希選手に向かい詰め寄るシーンが話題になりました。

注目され穏やかな性格の佐々木朗希選手に対しての出来事に「何があったの?」と思った人も多いのではないでしょうか?

白井一行球審がどんな人なのか、球審という仕事は年収どのくらいなのかも調べてみました。

すると白井一行球審は過去にも「誤審や退場」といったトラブルがあったんです。

今回は「白井一行球審の年収や経歴は?誤審や退場の判定についても調査!」と題して紹介していきます。

この記事でわかること

  • 白井一行球審の年収はどのくらいなの?
  • 白井一行球審の経歴が知りたい!
  • 白井一行球審の「誤審や退場」の判定ってどんなこと?

では早速本題に行きましょう!ご覧ください!

白井一行球審の年収について

白井一行球審の年収について調査しました。

野球選手の年棒は大きく取り上げられますが、同じ野球のピッチに立つ立場でも審判となると違います。

年収の公表はされていませんでした。

しかし白井一行球審の年収は

1500万円~2000万円

程度であると予想されます。

なぜそのような年収の金額になるのか、説明しますね。

プロ野球の審判の平均年収は、500万円〜600万円

1軍の試合を担当する審判・年収最大1,500万円

日本シリーズなども兼任・年収2,000万円

一般的に平均年収は450万円〜500万円になり、平均程度の年収になりますね。

プロ野球の審判には最低保証額が定められている

1軍で750万円

2軍では345万円

そしてその他、試合ごとに手当が支給されるのです。

白井一行球審は1軍の試合に出場されています。

「1軍の審判」の1試合の手当て

球審:3万4,000円

塁審:2万4,000円

控え:7,000円

「2軍の審判」となると「1試合:2,000円」となるるので手当だけで大きく差が開きますね。

プロ野球の審判はリーグを運営する日本野球機構(NPB)と1年ごとに契約を結びます。

この契約に対しても契約金が発生します。

白井一行球審の過去の実績では

  • オールスター出場2回
  • 日本シリーズ出場4回
  • ウエスタン・リーグ優秀審判員
  • 審判員奨励賞2回
  • 出場試合数が1500超えるベテラン球審

このことから、白井一行球審はトップクラスの審判員ということがわかります。

年収は1500万~2000万円位になるのではないでしょうか。

 

ちなみに同じスポーツの審判「サッカー審判」の年収も「野球」と同じ制度で支給されます。

Jリーグの審判の平均年収は、300万円〜400万円。

J1主審約12万円・J1副審約6万円・J2主審約6万円・J2副審約3万円と支給の金額は多少違いますが、ぱっと見た感じで野球の方が年収が高い印象です。

J1で1年間に30試合・主審を場合でも年収は660万~760万円となります。

野球の審判がいかに年収が高いのか分かりますね。

白井一行球審の経歴が知りたい!

白井一行球審の経歴について紹介します。

生年月日:1977年10月3日(44歳)
出身地:兵庫県明石市
血液型:O型
身長:176cm

兵庫県明石市出身のプロ野球審判員です。

兵庫県立明石高等学校甲賀総合科学専門学校に在籍されていました。

審判の勉強のためにメリカのジム・エバンス審判学校に留学されたます。

 

1997年2月・パシフィック・リーグ審判部入局し審判をスタート

2000年の8月・初一軍戦の審

2018年に「審判員奨励賞」に選出

「審判の中で最も声が大きい」ことが選出理由です。

白井一行球審の声の大きさは野球界では有名ですよね。熱くなるあまり声も大きくなるのでしょう。

白井一行球審の「誤審や退場」の判定ってどんなこと?

白井一行球審の「誤審や退場」というワードが多く見られたので紹介していきます。

誤審

過去の試合で「誤審」と話題になったことがあるようです。

有名なのは阪神の平田二軍監督の猛抗議。2010年の二軍戦で、白井球審のストライク判定を巡って平田二軍監督から『クソボールやないか!』『なんやそのふて腐れた態度は!』とドヤされた上に、『勘違いしたらあかんよ、お前』とクギを刺された」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

ストライクゾーンにはいってないボールに対し「ストライク判定」という白井一行球審。

この判定に監督に猛抗議されたことがあったのです。

この判定が間違っていたのかは分かりかねますが、この判定に対し監督だけでなく視聴者やファンから「誤審」と炎上してしまうのです。

退場

過去に白井一行球審が「退場」と判定されたことがあるようです。

2012年楽天戦では判定に感情的になる山崎武司に対し、白井球審も負けじと応戦。退場を告げ、場内マイクを掴むとドヤ顔で、「審判に対する侮辱行為で退場といたします」と吐き捨てたこともあった。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

この退場の判定は一度ではなかったんです。

2018年・阪神タイガースー広島カープ戦

阪神のメッセンジャー投手が判定を不服として激怒。白井球審につめよりますが、白井球審は退場のコール。

その際に差別用語を発したとされています。

試合中は一気に感情がでてしまうのでしょう。

この試合だけでなく、白井一行球審が熱くなりカーっとなるシーンも多く見られSNSやネット上では「球審はもっと冷静にするべき」や「機械での判定にすべき」と言われるのです。

まとめ

今回は「白井一行球審の年収や経歴は?誤審や退場の判定についても調査!」としてお伝えしました。

白井一行球審の年収は1500万~2000万円。

野球審判としては最高級の年収のようです。

審判の試合中は熱くなることも多く、選手や監督とひと悶着するシーンも多いようです。

白井一行球審の性格なのかは分かりませんが、冷静な判断をしてほしいですね。

しかしたくさんの実績も持たれ、トップレベルの審判のようです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!