人物

石井一の子供は浅野ゆう子?妻や息子など家族構成や家系図も!

政治家の石井一さんが亡くなられたと訃報がありました。

石井一さんと言えば、子供が浅野ゆう子さんではないかと噂があります。

しかしこれはデマで石井一と浅野ゆう子さんは関係ないと思われます。

息子などの家族構成や家系図についても紹介していきます!

ということで、今回は「石井一の子供は浅野ゆう子?妻や息子など家族構成や家系図も!」と題して紹介していきます。

この記事でわかること

  • 石井一の子供は浅野ゆう子
  • 石井一の妻や息子について
  • 石井一の家族構成や家系図

では早速本題に行きましょう!ご覧ください!

石井一の子供は浅野ゆう子

石井一さんの子供は浅野ゆう子さんとの噂について調査しました。

この噂はデマで、石井一さんと浅野ゆう子さんに関係はないと思われます。

 

まずは浅野ゆう子さんの母親と石井一さんの噂から紹介します。

浅野ゆう子さんのの両親は、浅野ゆう子さんが3歳の頃に離婚されています。

そして石井一さんは、田中角栄の私設秘書を務められ、衆議院内閣委員長を務めたこと、元内閣総理大臣で、タレントDAIGOの祖父である竹下登の側近として活躍されていた時期がありました。

一方、浅野ゆう子さんの母親は神戸にある高級料亭「上伊」の専属芸者でした。

毎月お忍びで神戸を訪問するほど竹下登さんのお気に入りで、後に石井一さんに身請けをさせて、家を建て、店をするようにと指示しました。

その後、浅野ゆう子さんの母親と結婚、出産、離婚となった噂です。

父親だと公開されていない理由は、政治家だったこと、離婚されている過去が理由とのことでした。

 

しかし、浅野ゆう子さんの誕生日は1960年7月9日と公式に発表されています。

この噂が正しければ、離婚されたのが1963年となりますね。

 

<1960年の石井一さんの出来事>

  • 妻、石井知子さんと結婚されたこと
  • スタンフォード大学大学院政治学研究科を修了された年
  • 日本生産性本部の職員として奮闘されていた時期

このようなことが公表されています。

実際の時系列を見ると、浅野ゆう子さんの母親との噂とは全然違いますね。

これらのことから、噂の可能性が高くデマであると予想します。

石井一の妻・息子や家族構成について

石井一さんの家族構成について見てみましょう

石井一さんの妻は石井智子さんです。

 

甲南大学の同級生で、1960年に結婚されました。

1969年の初当選以降、選挙活動や、支援者との交流や冠婚葬祭の代役まで務められました。

議員生活だけでなく生活面においても支えられ、素晴らしい奥さんだったようですね。

 

そして、本の出版もされていました。

  • 1999年9月1日「職業代議士の妻、賞罰なし。」
  • 2002年12月1日「政治家の器量は妻しだい」


息子

石井一さんの息子や家族について調査しました。

石井一さんの息子は石井登志郎さん

息子ですが、実の息子ではなく伯父・甥の関係でした。

後に養子縁組をされ、石井一さんの息子として親子関係になりました。

 

実の父親は石井一さんの弟・石井一三さん。

サラリーマンの家庭に産まれ、6歳上の姉、3歳上の兄の末っ子でした。

世田谷区立船橋小学校、早稲田中学・高校、慶應義塾大学総合政策学部を卒業しアメリカ合衆国ペンシルバニア大学大学院に留学されました。

2009年8月~2012年11月まで衆議院議員として、2018年4月~は兵庫県西宮市長として活躍されています。

石井一に家系図がすごい!

石井一さんの家系図について紹介します。

 

父親の石井廣治さんはタイヘイレコード社長であり、自由民主党兵庫県議会議員を3期務められました。

石井一さんの弟は石井一二さんです。

元参議院議員で日本国特命大使と務められていました。

 

甥の石井健一郎さんは兵庫県議会議員で、石井登志郎さんは西宮市長として活躍されています。

2人とも石井一さんの元政策秘書としての経歴もありました。

上記でも紹介したように石井登志郎さんとは養子縁組され親子関係です。

 

親類の石井秀武さんは、兵庫県議会議員として活動されています。

家族に政治家が多く、政治家一家の長男として活躍されていました。

まとめ

今回は「石井一の子供は浅野ゆう子?妻や息子の家族や家系図がすごい!」として紹介しました。

石井一さんの子供は浅野ゆう子さんと噂がありますが、これは噂でありデマでしょう。

妻の知子さん、息子は石井登志郎さんについても紹介しました。

息子ですが、養子縁組をされ親子関係になられたようです。

また、石井一さんの家系図も紹介しましたが、政治家一家ですごい人ばかりでした。

最後になりましたが、石井一さんのご冥福をお祈り申し上げます。

お読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!