音楽

米津玄師ライブ2023チケット当選倍率は?狙い目の会場や日程も!

米津玄師さんが全国ライブツアー「米津玄師2023 TOUR/空想」を全国11カ所24公演で開催されます。

ファンにとっては待望のライブであることは間違いありません。

今回のライブツアーですが、どのくらいの倍率なのでしょうか?

ライブ日程や会場の収容人数からチケット倍率を予想していきます。

また狙い目の会場など、知っておきたいですね!

今回は「米津玄師ライブ2023チケット当選倍率は?狙い目の会場や日程も!」と題してお伝えしていきます。

この記事でわかること

  • 米津玄師ライブ2023チケット当選倍率
  • 米津玄師ライブ2023狙い目の会場
  • 米津玄師ライブ2023ツアー日程

では早速本題で行きましょう!ご覧ください!

米津玄師ライブ2023チケット当選倍率

米津玄師さんのライブ2023の倍率は

1倍 ~ 4倍

 

倍率の計算ですが、以下の計算方式で計算しました。

エントリー数 ÷ 収容人数 = 倍率

  • エントリー数 = チケット申込者数
  • チケット申込者数 = Twitterのフォロワー数の割合
  • 収容人数 = ライブ会場に収容できる人数

詳しく説明していきますね!

応募人数

米津玄師さんのライブの応募人数を見てみましょう。

アーティストにはファンクラブがありますが米津玄師さんにはファンクラブがありません。

毎回ライブの申込はCDに同封されているシリアルナンバーを使用しライブの抽選をおこなわれています。

今回のツアー「米津玄師2023 TOUR/空想」の最速先行受付も、11月23日(水・祝)発売のシングルCD「KICK BACK」に封入されているシリアルナンバーからの申込となります。

まだ発売前になるため応募数がどの位になるかわからないので、過去のCDの売上数を参考にしていきたいと思います。

 

<過去のCD売上数>

  • 「M八七」の初週売上は、24.1万枚
  • 「Pale Blue」の初週売り上げは、15.6万枚

 

今回のシングル「KICK BACK」の売上も20万枚以上であることは間違いないでしょう。

ファンなら、1枚だけでなく鑑賞用・保存用と2枚購入される場合もありますね。

今回はCDの売上数が30万枚と仮定し計算していきます。

 

チケットの申し込みも1枚、2枚の場合もあるのでそれぞれで仮定してあります。

前回ライブでは4枚までチケットが申し込めました。

申込枚数 1枚申込 2枚申込 3枚申込 4枚申込
申込人数 300,000人 600,000人 900,000人 120,000人

このような申込人数になりました。

この数字から計算していきます。

ライブ会場収容人数

ライブ会場には入れる人数に制限があります。

それぞれの会場で何人収容できるのか見ていきましょう。

会場 キャパ 収容人数
兵庫 神戸ワールド記念ホール 8,000人 16,000人
大阪 大阪城ホール 16,000人 32,000人
熊本 グランメッセ熊本 10,000人 20,000人
愛知 日本ガイシホール 10,000人 20,000人
宮城 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 7,000人 14,000人
北海道 北海きたえーる 8,000人 16,000人
福井 サンドーム福井 10,000人 20,000人
徳島 アスティとくしま 5,000人 10,000人
広島 広島グリーンアリーナ 10,000人 20,000人
埼玉 さいたまスーパーアリーナ 37,000人 74,000人
神奈川 横浜アリーナ 17,000人 68,000人
310,000人

今回のツアーは31万人が来場できるということになります。

倍率

倍率の計算をしていきたいと思います。

上記で計算した、ライブ全公演の収容人数は310,000人です。

CDの売上数30万枚、1人が1枚~4枚ずつエントリーすると仮定し計算していきます。

計算式は(エントリー数 ×枚数 ÷ 収容人数 = 倍率)になります。

  • 300,000×1枚 ÷ 310,000人 = 0.96   約1倍
  • 300,000×2枚 ÷ 310,000人 = 1.93   約2倍
  • 300,000×3枚 ÷ 310,000人 = 2.90   約3倍
  • 300,000×4枚 ÷ 310,000人 = 3.87   約4倍

 

倍率をみると、これまでと大きく変わり「あれ?そんなに倍率たかくないかも!」と思いますが、今回のライブではキャパ数が圧倒的に増えています。

このことから、倍率も低い倍率となりました。

米津玄師ライブ2023日程や狙い目の会場

米津玄師ライブ2023のツアー日程や狙い目会場を見ていきましょう!

ツアー日程

まずはライブツアー日程です∇

4月22日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月23日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月26日(水) 大阪 大阪城ホール
4月27日(木) 大阪 大阪城ホール
5月2日(火) 熊本 グランメッセ熊本
5月3日(水祝) 熊本 グランメッセ熊本
5月7日(日) 愛知 日本ガイシホール
5月8日(月) 愛知 日本ガイシホール
5月13日(土) 宮城 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
5月14日(日) 宮城 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
5月20日(土)
北海道 北海きたえーる
5月21日(日)
北海道 北海きたえーる
5月27日(土)
福井 サンドーム福井
5月28日(日)
福井 サンドーム福井
6月3日(土)
徳島 アスティとくしま
6月4日(日)
徳島 アスティとくしま
6月10日(土) 広島 広島グリーンアリーナ
6月11日(日) 広島 広島グリーンアリーナ
6月14日(水) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
6月15日(木) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
6月28日(水) 神奈川 横浜アリーナ
6月29日(木) 神奈川 横浜アリーナ
7月1日(土) 神奈川 横浜アリーナ
7月2日(日) 神奈川 横浜アリーナ

今回全国各地でライブがおこなわれます。

狙い目会場ですが、主要都市よりも地方の会場でもライブが当選しやすいです。

また土日開催より平日開催、土曜日より日曜日と当選しやすい傾向があります。

そこで狙い目の日程は以下のライブとなります。

  • 5月3日(水祝)・熊本 グランメッセ熊本
  • 5月28日(日)・福井 サンドーム福井
  • 6月11日(日)・広島 広島グリーンアリーナ

徳島公演は収容人数が少ないことから、狙い目日程にはいれておりません。

また主要都市でも公演ですが、

6月28日(水)6月29日(木)に埼玉スーパーアリーナでの公演も平日開催+収容人数が多いことから、狙い目かもしれません。

是非行けそうな人は狙ってみて下さい!

まとめ

今回は「米津玄師ライブ2023チケット当選倍率は?狙い目の会場や日程も!」と題してお伝えしました。

米津玄師さんが全国ライブツアー「米津玄師2023 TOUR/空想」を全国11カ所24公演で開催されます。

今回のライブツアーですが、倍率は1倍~4倍と当選しやすいかもしれません。

ライブ日程や会場の収容人数からチケット倍率を予想しましたが、ライブ会場のキャパが増えたことで、過去のライブより当選しやすそうですね!

また狙い目の会場は

  • 5月3日(水祝)・熊本 グランメッセ熊本
  • 5月28日(日)・福井 サンドーム福井
  • 6月11日(日)・広島 広島グリーンアリーナ

と予想しました。参考にして下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!